ブログ名

地域デビュー講座を開催します!

地域福祉やボランティアに興味のある市民の方々が、具体的な活動に取り組むきっかけとなるように、幅広く学ぶことのできる講座です。

初回は導入として、地域のつながりについて考えられるような講義とワークを行います。

講義の他に、障がい者施設の利用者の方々との遊びとしてボッチャ、実際に施設で作ったパン販売を行ったり、また子どもたちと一緒に世代を超えた昔遊びをしたりと、交流の時間を設ける予定です。

最終日は講義後に、今後の活動につなげられるようなワークを考えています。

楽しい時間を過ごしながら、様々なことを学び、実践に活かせるような講座にしたいと思っていますので、ぜひご参加ください。

詳細はチラシをご覧ください。

投稿日:2024年6月3日 カテゴリ:お知らせ,プラチナセンター,ボランティア情報,地区活動,地域福祉課

令和6年度(第43期)プラチナ大学の受講生を募集します

来年度のプラチナ大学の受講生を募集します。

プラチナ大学は「自らを磨き高め、よき友を得て、地域社会に貢献する」を学校目標とし、松本を学び、知識・教養・情報を得て、豊かな生活に資する内容のカリキュラムを予定しています。上高地自然散策や、ペタンク大会、博物館巡り、卒業記念発表会もあります。いろいろな方との交流の輪を広げませんか。

ご希望の方は、下記リンクより募集内容を確認いただき、ご応募ください。

また、聴講生(プラチナ大学卒業生に限る)の募集も行います。同様にご応募ください。

【お詫びと訂正】広報まつもと3月号では、募集期限を3月29日(金)、入学式を5月14日(火)と掲載いたしましたが、募集期限を4月25日(木)に延長し、入学式を5月22日(水)に変更いたします。

ファイルをダウンロードする

投稿日:2024年2月28日 カテゴリ:プラチナセンター

第21回 松本市高齢者健康大会

  11月17日(金)松本市高齢者クラブ連合会主催の「第21回 松本市高齢者健康大会」が音楽文化ホール・メインホールで開催され、200名ほどが参加しました。

 

  松本市高齢者クラブ連合会から、島内、寿台、梓川地区の3地区が、プラチナセンターから、「カナデル会」、「南福社交ダンス同好会」、「鈴かけクラ部」、「プラチナVoice」の4サークルが多彩な芸能を披露してくださいました。

  中信レクリエーション協会にご協力をいただき、オープニングレク「あいう体操・あんたがたどこさ」~こころとからだをほぐそう!~の演目から始まり、13プログラムの発表を元気いっぱいで行いました。どの演目も揃いの衣装があり、ステージ上が華やかで素敵でした。

 

 最後はお楽しみの「大抽選会!!」。抽選者番号が読み上げられると「当たった!」の笑顔^^景品を受取りまた笑顔^^の抽選会でした。

 

  今年度はコロナ禍の制限がなくなり、地区のみんなでお弁当を食べ、おしゃべりをし、大きな声で一緒に歌い、踊り、演奏し、数年ぶりに解放感のある健康大会になったのではないでしょうか。閉会式では「信濃の国」を全員で斉唱し、無事に大会は終了しました。

 

  大会スローガン~伸ばそう!健康寿命、担おう!地域づくりを~のもとに、来年も皆さんが健康で元気に開催できることを願ってます。

投稿日:2023年12月1日 カテゴリ:プラチナセンター

第143回市民囲碁大会を開催します!

第143回市民囲碁大会の参加者を募集します。

市内在住の60歳以上の方が対象です。詳しくは下記をごらんください。

 

開催日時:令和5年12月20日(水) 午前9時受付開始

開催場所:総合社会福祉センター3階 プラチナセンター(松本市双葉4-16)

参加料:1,000円(お弁当代含む)

お申し込み方法:お電話でプラチナセンターへお申し込みください

         (TEL:24-3500)

お問合せ先:松本市社会福祉協議会・プラチナセンター

         (TEL:24-3500 FAX:24-3505)

投稿日:2023年11月30日 カテゴリ:プラチナセンター

秋の花植えを行いました!

10月27日(金)松本市高齢者クラブ連合会の社会奉仕活動の一環として、総合社会福祉センター玄関脇花壇の花植え作業を行いました。

連合会役員、理事12名が参加し、パンジー、ビオラ、はぼたんの260株を植えました。

手際がよく30分ほどで各花壇に整然ときれいな花々が並び、総合社会福祉センター玄関も秋の衣替えとなりました。

投稿日:2023年11月29日 カテゴリ:プラチナセンター,未分類

プラチナセンター文化祭が開催されました!

  10月18日、19日の2日間、第12回プラチナセンター利用者の会文化祭が開催されました。今年度も、松本市高齢者クラブ連合会さんと合同開催で行いました。

 

  作品展示は、俳句、書道、木彫り、七宝焼き、手まり、折り紙、手芸、押絵、トールペイント、絵手紙、切り絵などなど、各サークルさん、高齢者クラブ連合会の会員さんの力作がずらっと並びました。見学に来られた方からも、「すごいね」「お店で売ったらいいのに」など、お褒めの言葉をたくさんいただきました。

 

  ステージ発表は、合奏、合唱、ハーモニカ、カラオケ、手品、社交ダンスなどが行われました。それぞれのサークルさんが、日ごろ一生懸命練習した成果を披露し、観客席からは大きな拍手が起こっていました。また、観客の皆さんと一緒に歌えるよう歌詞カードを用意し、会場一体となって大きな声で歌えたのも、コロナ禍以来、久しぶりのことでした。

 

  2日間で、延べ200人近くの方にご来場いただき、大盛況の中、無事に終えることができました。これも利用者の会の皆さん、高齢者クラブ連合会の皆さんのご協力のおかげです。本当にありがとうございました。また、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

投稿日:2023年10月25日 カテゴリ:プラチナセンター

「生きがい講座 第2弾」受講生募集中!

朝晩、かなり冷え込んできました。皆さま、体調管理には十分気をつけてくださいね。

さて、プラチナセンターでは「生きがい講座 第2弾」の受講生を募集中です。第2弾は、「籐の籠づくり」「薬膳料理教室」「健康体操」「歌で健康力UP」の4講座です。お申し込みは、往復はがきに①希望の講座名、②住所、③氏名(フリガナ)、④性別、⑤生年月日、⑥年齢、⑦電話番号を記入のうえ、プラチナセンター宛てにご郵送ください。締め切りは、11月15日(水)必着です。

詳しい内容は、下記の添付ファイルをごらんください。たくさんの方の参加をお待ちしております。

ファイルをダウンロードする

投稿日:2023年10月24日 カテゴリ:プラチナセンター

プラチナセンター 生きがい講座スタート!

今年も生きがい講座の季節がやってきました。

令和5年度、初回の講座はプラチナ大学生を対象とした「薬膳料理教室」です。プラチナ大学の講義でもお世話になった薬膳ライフカウンセラーの中垣英美先生を講師にお招きし、「おうちで簡単に誰でもできる薬膳料理」をテーマに、受講生みんなで手分けをして料理作りが開始しました。この日の献立は「タラの五香粉唐揚げ」「酢玉ねぎ」「トマトの薬味和え」「もやしと春雨のナムル」「蒸し山芋の甘酒味噌ソースがけ」「十全大補湯スープ」「十六穀米」の7品です。皆さん手際がよく、あっという間に完成しました。その後、出来上がった料理は皆さんでいただきました。どれも美味しく、お腹も心も満足した1日でした。

薬膳料理講座は、次回11月29日(水)に開催されます。ご興味のある方は、往復はがきでお申し込みください。詳しい内容はプラチナセンター事務局までお問合せください。(TEL:24-3500)

投稿日:2023年10月18日 カテゴリ:プラチナセンター

プラチナセンター文化祭・高齢者クラブ作品展を開催します

 高齢者の方の特技を活かして制作された作品展示や日頃の活動発表の場として、第12回プラチナセンター利用者の会文化祭と高齢者クラブ作品展を開催します。コロナ禍を経て、高齢者の皆さんの活動も元に戻りつつありますが、今年も二つのイベントを合同で開催します。

 【開催日時】 10月18日(水)午前10時~19日(木)午後2時まで

 【会場】 総合社会福祉センター3階のプラチナセンター

 【作品展示】 書・絵画・俳句・木彫・工芸・手芸・絵手紙・切り絵・折り紙

 【ステージ発表】 合奏・合唱・ハーモニカ・マジック・社交ダンス・カラオケ

詳細は下記よりチラシをダウンロードしてください。

大勢の皆さんのご来場をお待ちしております。

 

ファイルをダウンロードする

投稿日:2023年10月10日 カテゴリ:プラチナセンター

天気も良く、上高地 最高

 10/3(火)、「上高地再考と自然散策」と題して、プラチナ大学生39名が上高地を訪れました。

 当日の朝は市内も気温が低く、上高地はどんな寒さだろうと心配しての出発でしたが、大正池と梓川の清流、そしてこれ以上ない青空に映える焼岳や奥穂高岳を中心とした連峰が見えるとバスの中では歓声が上がり、寒さを感じさせない熱気に満ちていました。

 その後は、3班分かれ、自然公園財団上高地支部の職員の方のガイドで河童橋周辺を散策し、午後は同財団支部長の加藤銀次郎先生から「上高地再考~新たな視点から上高地の歴史を紐とこう~」と題して講話をいただきました。

 歴史的には、上高地は松本藩の隠し財産として、榑(くれ)、薪、炭を生産し、それが藩士へ現物支給されていたこと、藩有林での材木の切り出し・運搬は危険を伴い、その犠牲になられた方の人名が上高地の地名の由来であること、終戦間際に上高地に軍需工場という計画があったこと等ののお話をお聞きしました。

 また、雪形や「山」と「岳」の違い、季節ごとの上高地の魅力についてもお話しいただき、地元住民として、また訪れたい気持ちを大きくした研修となりました。

 

投稿日:2023年10月10日 カテゴリ:プラチナセンター