ブログ名

「福寿草群生地見学!」

四賀の春の訪れを知らせる花、福寿草の群生地に3月23日から25日に見学に行きました。
 今年は花の開花が早く見学に行った時は葉も生えはじめていましたが、傾斜一面に咲く姿は圧巻です。
 四賀住民の利用者様の中には初めて見た方や、何十年ぶりに見た方もいて「こんなにきれいとは思わなかった」と感想を言っていました。

さて、ここで問題です。
福寿草群生地がある場所「赤怒田」
なんて読むでしょうか!?
①あかどた②せきどた③あかぬた
正解は次回のブログで答えます。

投稿日:2018年4月13日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「百寿のお祝い」

四賀デイサービスに通っていただいている「木下ふさ子」様が3月18日に100歳の誕生日を迎えられました!
 16日に利用者様と職員全員で花束と写真入りのプレゼントを渡して誕生日の歌を歌って盛大にお祝いをしました。
 長生きの秘訣を質問すると「ありがとう」と言うこと、「感謝の気持ち」だと答えられました。
 いつも手を合わせ感謝の気持ちを表している姿には、関わらせていただいている私たちもとても嬉しい気持ちになります。
「ありがとうございます」  (山本)

投稿日:2018年3月28日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

【初めてのJJバンド】

 3月7日にJJ MSKIT BAND(マスキットバンド)が、デイサービスにお越しくださいました。
はじめに、生い立ちを歌ったオリジナル曲の披露があり、バンド名の由来は、J(Japan)、J(じじい)、MSKIT(バンドメンバーの通っていた音楽教室の名前。意味は“甘い”。)なのだそうです。
 普段はフォークソングが中心だそうですが、今回は利用者様がよく知っている「高校三年生」「バラが咲いた」「ラブ・ユー東京」などを披露してくださり、一緒に歌って楽しみました。素晴らしい演奏と、うっとりするような甘い歌声に聴き入ってしまいました。

 今回駆けつけることができなかったメンバーのお一人が四賀出身ということで、次回は四賀の歌をはじめ、唱歌や童謡も披露してくださるそうです。
 JJ MSKIT BANDの皆さん、ありがとうございました。次回もとても楽しみにしています。(浅野)

投稿日:2018年3月19日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

【四賀の春】

四賀の春といって思い浮かぶ花「福寿草」。デイサービスの庭に可愛く咲いています。お風呂に入っている時にも利用者様を楽しませています。
福寿草の花言葉は言葉の通り「幸せを招く、永久の幸福」です。福寿草のように皆さんの幸せを願います。
来週は福寿草群生地に見学に出掛けるのでお楽しみに!!

投稿日:2018年3月15日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「大きな梅の花が咲きました!」

四賀デイサービスセンターでは、好きなレクレーションを選んで参加できるユニットレクを取り入れています。
2月19日からのユニットレクでは、2週間にわたって梅の木の壁画作りを行いました。

まずは梅の花作りです。レクに向けて利用者様に切っていただいた丸い折り紙を型紙に貼っていきます。「どれにしようかな。」「この柄もいいね。」と話しながら、様々な色や柄から好きな折り紙を選び、配置を考えながら貼りつけました。
 梅の木は、花が映えるようにと色鉛筆で色を付けていただき、何色も混ざった本物により近い木が出来ました。
 利用者様から「木と花だけじゃちょっと寂しいね。」との意見があり、どうすればいいか皆さんと考え、空と草花を描くことにしました。色合いを話し合いながらちぎった折り紙を貼りつけていく皆さんが印象的でした。
 2週間かけて出来上がった壁画を飾ってみると、「大作が出来た!」「ちぎり絵のところを貼っている時は正直心配だったけど、こうやって飾ってみると綺麗だね~!」と、利用者様の笑顔と嬉しそうな声が聞こえてきました。

 皆さんの力を合わせて、大きな梅の木が春先取りで咲きました。デイサービスの中を華やかにし、利用者様を出迎えています。(浅野)

投稿日:2018年3月8日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「会田中2年生との交流会」

2月22日に会田中学校2年生19名が、ぷくぷくの郷で利用者の皆さんと交流を行いました。
 交流会が始まる前には、奉仕活動として施設の窓拭きをしてくださいました。その様子を見ていた利用者様からは、「頑張っているね。」「寒いによくやってくれているね。」との声があがっていました。

 交流会では生徒の皆さんが考えたトランプやすごろく、福笑い、折り紙などの遊びを利用者様と楽しんでいました。耳の遠い方や体の不自由な方も楽しめるように、どのように接すればいいか職員からアドバイスを受けている生徒もいました。利用者様からたくさんの笑い声が聞こえて、とてもにぎやかな交流となりました。
交流の後には、スピッツの「楓」を合唱してくださり、感動して涙を流しながら聴いている利用者様もいました。
 笑いあり、涙ありの素敵な交流会になりました。

後日、生徒2名がデイサービスに訪れ、交流会で使った手作りのトランプとすごろくを寄付してくださいました。大切に使わせていただきます。
2年生の皆さん、楽しいひとときをありがとうございました。また来てくださいね。(浅野)

投稿日:2018年3月8日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「歌謡ショー」

 2月15日に地元四賀の山田さんが、歌謡ショーを開いて下さいました。
 今回は北島三郎シリーズということで、「函館の女」「帰ろかな」「歩」など皆さんご存知の曲をはじめ、全12曲を披露して下さいました。利用者の皆さんも一緒に歌を歌ったり、リズムに合わせて手拍子をしながら聴いていました。
 この日は誕生日を迎えた利用者様のために、「Happy Birthday to You」の歌をプレゼントしてくださり、利用者様にとって思い出に残る日になったと思います。利用者様も職員もたくさんの曲を楽しませていただきました。 山田さん、ありがとうございました。また来て下さいね。(浅野)

投稿日:2018年2月28日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

【信州名物作りパート2 やしょうま作り】

2月7日に先日の氷餅と同じくらい信州名物のやしょうま作りを、松本更生保護女性四賀支部より10名招き行いました。
 やしょうまとは、お釈迦様の亡くなられた涅槃会(ねはんえ)の2月15日に仏壇に供える細長い米の粉で作った団子です。
 この日はスイカとアヤメの花2種類のやしょうまを目の前で手作りし、見て食べて楽しませていただきました。女性利用者様の中には「私もよく作った」などの声もありました。
 今度はどんな信州の文化に触れられるかお楽しみにして下さい! (山本)

投稿日:2018年2月17日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

【信州名物氷餅作り】

2月10日、先日ついたお餅がいい感じに硬くなったため、利用者様と一緒に氷餅を作りました。
 氷餅は寒い信州ならではの保存食として1年で1番寒いこの時期に作ります。さすが四賀育ちの利用者様。ほとんどの方が作ったことがあって、あれよあれよと障子紙に包み、縄で編み込みました!
 この利用者様の姿には職員も敬服する思いでした。「どこで習ったか」と質問すると「親から習った」「先祖代々習ってきたことだ」と言う方がほとんどでした。
このような地域の伝統や文化はしっかり学び習って、後世に伝えていかないといけないと思いました。 (山本)

投稿日:2018年2月14日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

【臼で本格お餅付き】

2月1日寒中まっただなか。小雪舞う空の下餅付き会を行いました。
 しかし寒いのは準備の時だけで、餅付きが始まればその熱気で一気に体はポカポカになりました。利用者の皆様も大きな声で「よいしょよいしょ」と掛け声をかけてくれるので餅を付く職員とお手この職員も気合が入ります。
 「若いころは何臼も付いたもんだ」と懐かしむ方や、身を乗り出して見学してくれる方ととても喜んで頂きました。
 この日に付いたお餅は3升。後日信州名物の氷餅にを作る予定ですのでこうご期待下さい。 (山本)

投稿日:2018年2月14日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”