ブログ名

「会田中学校文化祭見学」

 9月29日に四賀の会田中学校で文化祭が開催され、利用者4名が見学に行きました。  ぷくぷくの郷利用者さんの作品や、生徒、四賀地区内の老人福祉施設の方の作品も展示されており、書道や絵画など一味違った作品の数々を楽しまれていました。

自分の作品が展示されている利用者さんは、「私の作品が飾られている!」と、にこにこ嬉しそうでした。 手の器用な男性利用者さんは細かな折り紙の作品を興味深そうに見入っていました。デイの制作活動にも取り入れていけたら……と考えています。(浅野)

投稿日:2017年10月20日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「四賀デイぷくぷく秋祭り」

読書の秋?運動の秋?いいえ、祭りの秋!!
10月2日(月)から8日(日)まで四賀デイでは「ぷくぷく秋祭り」を初めて企画し、盛大に行いました。祭りの屋台を意識して、綿あめやソフトクリーム、射的、水ヨーヨー、お菓子バイキングを作り利用者様にそれぞれ行きたい所を自由に周っていただきました。
 中でも食べるコーナーは大盛況で、童心にかえったかのように「何十年ぶりに綿あめなんか食べたわや~」「おいしいおいしい」と喜ぶ姿があちこちで見られました。射的は一人2度投げてピンが全部倒れたら手作りペンダントを貰えるとなると真剣な表情で狙いを定めていました。中には全部倒すまで何度も挑戦する方もいて本当に皆さん笑顔で楽しまれていました!!
 週の後半の3日間は地域のレクリエーションボランティアの方々を招き踊りやコーラスを楽しませていただいた後、祭りにも参加していただき交流も行いました。  (山本)

投稿日:2017年10月19日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「第38回松本市総合防災訓練」

9月3日(日)に松本市総合防災訓練を四賀地区全体で行いました。その中でも今回の訓練では初めて「要援護者優先避難所開設訓練」を四賀デイサービスセンターで実施しました。
 当日は利用者様、地域住民、職員20名を避難者と仮定して総務班・避難者管理班・情報広報班・物資施設管理班・衛生班・食事炊出し班・救護要援護者班の7つの班にわかれて震度6強の地震を想定した訓練を行いました。
 自然災害はいつ起こるかわかりません。今回経験したことが活きるよう日頃から意識することが大切だと感じます。

投稿日:2017年9月16日 カテゴリ:四賀地区センター

「五平餅作り!!五平ってどういう意味!?」

8月22~24日に午後のおやつの時間にホットプレートを使った五平餅作りを行いました。もち米は入れずにうるち米を柔らかく炊き、ご利用者様にはのし棒で半潰しにしていただくところからやっていただきました。
 郷土食だけあって皆さん慣れた手つきでご飯を潰して、小判形に成型し特注で仕入れたクルミ味噌をぬって美味しくいただきました!
 五平餅の五平とは、神道において神に捧げる「御幣」の形をしていることからこの名がついているそうです。※諸説あり

投稿日:2017年9月16日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「ぷくぷく農園記 4」

8月30日(水)に春から丹精込めて育てたかぼちゃとじゃが芋の収穫作業と、畑の草刈り作業を地元ボランティアさんの協力のもと行いました。
 今年の夏は日照不足でどうなるか心配しましたが、かぼちゃが30個じゃが芋がコンテナ10箱分収穫できました。
 秋には長ネギ、大根、白菜を収穫ができるようにこうご期待下さい!

投稿日:2017年9月16日 カテゴリ:ぷくぷく農園・農場

「機能訓練に力を入れています!!」

四賀デイサービスセンターでは専属の機能訓練指導員と看護師による利用者様の日常生活を送るのに支障となっていること、困っていることに対して個別に計画を立て機能訓練に力を入れて取り組んでいます。  今年度は様々な利用者様のニーズに応え、新たに5メートルの平行棒とオムニローターと言う肩の可動域と上肢帯筋力強化を行う機械を導入しました  平行棒訓練は杖歩行、歩行器で歩行する事が困難な方が歩行姿勢を意識することができます。

投稿日:2017年9月16日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「ぷくぷく農園記 その3」

ぷくぷく農園の野菜も大きく成長し、7/17にじゃが芋・いんげん豆・南瓜の収穫をしました。
 収穫の時は本当に嬉しい気持ちになります!!翌日から利用者様には昼食に和え物や煮物に調理して提供しました。もちろん皆さんそれを知っている為か美味しく完食されている方がほとんどでした。

投稿日:2017年8月1日 カテゴリ:ぷくぷく農園・農場

「大漁だ!大漁だ~!」

7月のレクレーションでは、磁石を使った魚釣りを行いました。
 たくさんの魚は、利用者の皆様にそれぞれ好きなように色塗りをしてもらい、鮮やかな魚たちが泳いでいます。「これ私が塗ったのよ。」と、自分で色付けをした魚を探している方も多くいらっしゃいました。
ゲームが始まると皆さん夢中になって魚を釣っていきます。25日は土用の丑の日ということで、うなぎをなんとしてでも釣り上げようとする方もいました。(写真2枚目は無事うなぎを釣り上げた瞬間です!)
 四賀地区の夏祭りも開催された7月、お祭り気分が少しでも味わえたでしょうか。

投稿日:2017年8月1日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「ハンドベル演奏会」

7月15日にスワンキャンベルの皆さんが来所され、ハンドベル演奏を披露して下さいました。
 童謡や昔懐かしの歌謡曲を中心に演奏して下さり、心地の良い綺麗な音色に聴き入っていました。「みかんの花咲く丘」「われは海の子」「青い山脈」の3曲は、利用者の皆さんも一緒に歌を歌い、体を揺らしながら曲を楽しむ方もいらっしゃいました。
 日頃なかなか聴くことのできないハンドベルの演奏を、利用者様も職員も楽しませていただきました。
スワンキャンベルの皆さん、ありがとうございました。また来て下さいね。

投稿日:2017年8月1日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「サマーチャレンジボランティアスクールがありました」

7月1日2日に社協主催のサマーチャレンジボランティアスクールを開催しました。今年は55名の四賀小学生が1泊2日の日程で参加されました。
 初日の午前中は長野県危機管理防災課による「災害クロスロードゲーム」を行いました。「地域防災力をアップしよう」というテーマに子供達には少し難しいところもありましたが、「もし災害が起きたらどうするか」改めて考えさせられた機会となりました。
 午後は体を動かす「笑いヨガ」を体験し、デイサービスぷくぷくの郷では、利用者の方との交流や子ども育成会による花植えなど盛りだくさんのスケジュールでした。デイサービスでの校歌斉唱では子どもたちの素晴らしい歌声で熱唱する姿に涙ぐむシーンもありました。夜は「夢おはなしの会」の皆さんによる就寝前の紙芝居で1日が終わりました。2日目は起床してラジオ体操の後朝食をとり掃除をして解散となりました。
 2日間を通してたくさんの体験をし、地域の大勢の方と交流ができました。また、ボランティアの皆さんには2日間にわたり食事作りをはじめ色々な事でお世話になりありがとうございました。
この2日間を通して子ども達が何かを感じることのお手伝いができていればと考えております。

ファイルをダウンロードする

投稿日:2017年7月21日 カテゴリ:四賀地区センター