ブログ名

今年の夏は長くなりそうです(館だより2018年7月分アップ)

 7月の館だよりが出そろいました。各児童センターのページには、こちらから入れますので、ご一読ください。

  

 観測史上初めて6月中に信州で梅雨が明けました。そのとたんに雨が降り始めるといった気象予報士泣かせの天候が続いています。

 

 夏と一言でいってもその期間がいつからいつまで、というのは様々な区切り方があるそうです。夏至から秋分まで、6月1日から8月31日まで、立夏から立秋まで・・・

 だいたいは梅雨明けから残暑が落ち着くまでを夏とする人が多いのではないでしょうか。そう考えますと梅雨明けが早かった今年は夏が長くなると考えられます。

 

 それにしても暑いです。朝の出勤時から25℃を超えるとはどういうことでしょうか。昔は30℃を超えることも珍しく、木陰に入れば涼しい風が吹いた信州の夏はどこに行ってしまったのでしょう。

 

 さて、それでも子どもたちは元気です。外で遊ぶ時だけでなく、部屋で遊ぶ時もいつでも水分が取れるようにして、熱中症にならないようにしましょう。

 7月は夏休みが始まる月です。もうそわそわしている子もいるのではないですか?夏休み前に習ったことをきちんと復習して、夏休みが明けたら勉強が分からなくなっちゃった、なんてことにならないようにして下さい。

 

  それでは、良い夏を!!

投稿日:2018年7月5日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

とってもにぎやか寿つどいの広場!!

 梅雨入りした6月・・寒暖の差が激しく着るものに困りました。

 

・・・寿つどいの広場ではお母さん方の楽しそうな笑い声とお子さんのかたことのおしゃべりが毎日聞かれ、とても嬉しいです。

 お友達が来て、入口でお迎えをしていると「とことこ・・・」と玄関に来たり、体育館で車に乗ろうと、張り切って腕をふって廊下を「とたとた・・・」と走ったり。「ばぁ!!」っと事務室の扉からにこにこ顔が飛び出し・・・思わず「ぎゅ~」っとしてしまいます。

 たくさんの可愛らしい成長を見られて・・・「素敵な時間だぁ~」と思うこの頃です。

 

 6月も楽しい行事をたくさん行ないました。その中で・・・6月4日、5日、6日に「しゃぼん玉遊び」をしました。どんなしゃぼん玉あそびかというと・・・・・・お出かけした際に頂いたりした「うちわ」。

 それを、もったいないけど水につけて、紙をはがしてホネだけにします。 大きい容器(お家ですと、おせんべいとかが入っている缶のフタ・・・とか・・・)に、しゃぼん玉液を入れてうちわをつけます。

 そのうちわを振ったり、風に当ててみるだけで大きなしゃぼん玉がたくさんとびますよ!!センターのお庭は嬉しい楽しい歓声でとても賑やかでした。

 お家でも遊んでみてください。7月も楽しく元気に遊びましょうね!

 

お待ちしています!!

投稿日:2018年7月5日 カテゴリ:つどいの広場

チャリティーイベントでのご寄付を頂きました。

 厳しい暑さが続く空梅雨の6月25日、松本市梓川にある店舗が隣同士の煮干しらあめん燕黒様とヘアサロン創様から松本市社協にご寄付を頂きました。

 

 不思議なご縁で、なんと両店の店主様は、偶然にも中学時代に同級生であったそうです。お二人は地域福祉にご関心を持たれ、6月17日にチャリティーイベントとして、燕黒様はラーメン200杯を、創様はカットを無料にされてご寄付を募られ、その全額を松本市・安曇野市の両社協にご寄付下さいました。

 

 社協を寄付先として選ばれたのは、車イスの購入などご寄付の使い道が明確であることとおっしゃり、来年もまたチャリティーイベントを開催するご意向を示しておられました。

  

心のこもった社協へのご寄付、誠にありがとうございました。

投稿日:2018年6月26日 カテゴリ:寄付

快晴の空、初夏のバスハイクは最高でした(菅野児童センター)

 5月には暑すぎる青空のもと、みんなが待ちに待った「みはらしファーム」でのイチゴ狩りに行って来ました。

 

 指先を真っ赤に染めながらイチゴをほおばる子どもたち。

 

 イチゴでお腹いっぱいになった後は、芝生公園で遊んだり、散策をしたりと楽しい一日となりました。

投稿日:2018年6月11日 カテゴリ:児童館

ジトジトの前と後のジリジリ(館だより2018年6月分アップ)

 梅雨のジトジトが始まる前に太陽がジリジリと熱気を放っています。暑いですね。

 

 6月の館だよりが出そろいました。各児童センターのページには、こちらから入れますので、ご一読ください。

 

 例年、梅雨は6月8日前後から始まるということです。天気予報でも6月6日(水)からどうも雲行きが怪しそうなので、今年の梅雨はほぼ例年通りでしょうか。

 ただ、気温は異なるようです。今年の梅雨は気温が高い日が多いそうで、ジトジトする梅雨になるとのこと。冷たい雨も嫌ですが、蒸した雨も勘弁してほしいですね。

 

 児童センターでは6月、7月に親子バスハイクを企画する所があります。参加を希望される方は、最寄の児童センターにバスハイクの日程をお問合せください。当日が晴れることを一緒に願いましょう。

 

 さてさて、季節は順調に進んでいき、6,7月の雨を切り抜ければ、そこには太陽がジリジリと照らす夏が待っています。社会人にはうらやましい夏休みもあります。そう思えば梅雨のジトジトもなんのその。さあ、元気よく勉強にあそびに全力を尽くしましょう。

投稿日:2018年6月4日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

お子さんの成長をみんなで・・・(寿つどいの広場)

 5月の陽気は極端で気温差に戸惑ってばかりでした。

洋服に悩む毎日で、天気予報とにらめっこしてました。

 そんな中でも五月晴れが広がるととても清々しい気持ちになりました。

空には元気よくこいのぼりが泳ぎ、お子さんの健やかな成長を願いながら見上げました。

 

 そして寿つどいの広場でも「こいのぼり会」を行いましたよ。

お子さんの足型をこいのぼりに見立てた「足型アート」をしたり、支援員のおはなし会を楽しみました。大きいこいのぼりのお腹を潜り抜けたりと、おうちの方の願いを乗せて思いを重ねました。

 

 また・・・新年度スタートにあたり、地域の方との「はじめまして」の時間を「親子交通安全教室」として持ちました。

 寿公民館館長さんはじめ、福祉ひろばのコーディネーターさんと一緒に交通のお約束を確認して、センター内体育館で歩行練習をしました。

 アンパンマンの旗をお子さんに手渡してくださる眼差しの優しさ・・・

親子さんへの声かけや笑顔がとても素敵な地域の皆さんと力を合わせて「子育て支援」を盛り上げていきたいです。

 

 6月・・・蒸し暑くなりそうですね・・・たくさん笑いにお出かけください。お待ちしています。

投稿日:2018年6月4日 カテゴリ:つどいの広場

みんな元気で、ふれあいまつりは盛り上がりました

 昨日までの不順な天候もどこへやら、6月2日(土)の第20回ふれあいまつりは雲一つない好天に恵まれました。

 

 総務課は昨年同様に無料でかき氷と綿あめを提供させて頂きました。

 12時の開会セレモニーが終わるや否や、総務課のテント前は長蛇の列!! 昨年の反省の下、ご来場者様をお待たせしないように職員一丸となって励みましたが、あまりの人数に今年もお待たせしてしまいました。申し訳ありませんでした。

 気温が高かったことが原因でしょうか、かき氷と綿あめでは列の長さに大きな差がありました。来年はまず綿あめから並ばれて、綿あめをなめながらかき氷を待つというのは如何でしょう。

  

 ステージではメインイベントとして、「岡田希望の家」のカーリングから始まり、「ごうだこうぞう」さんのスティールギター&フラダンス、「プラチナ大学」さんのプラチナマジック、「児童館」の劇サークルそして「ハモハモセブンスリー」さんのハーモニカ演奏などが披露されました。皆さんこの日のためにたくさん練習されたのでしょう、よどみないパフォーマンスにご来場様も大満足で惜しみない拍手を送られました。

 

 ステージ発表の合間には総務課以外にもたまごかけごはん、とん汁、山菜おこわなどを無料でお配りし、こちらも好評でした。

 

 さてさて、ステージ発表も最後は元気いっぱいの「スーパーボーイズ」によるダンスパフォーマンスでした。

 障害を負ってもこんなに楽しいことができるということを身をもって証明してくれたスーパーボーイズの3人。ダンスの種類もたくさん持ち、それぞれで人数や衣装を変えてはダンスを披露してくれました。ダンスミュージックが鳴り出すとステージ外でも踊りが始まり、最後には踊りたい人全員がステージに上がって楽しいことこの上なしと踊りに踊りました。

 

 今年のふれあいまつりは如何でしたでしょうか。少しでもふれあいまつりに来てよかったと思って頂けたのなら、準備や運営に追われた労力も吹き飛びます。

 来年、第21回ふれあいまつりもどうぞご期待ください。

投稿日:2018年6月4日 カテゴリ:イベントのお知らせ

信州ビバレッジ様から5回目となるご寄付を頂きました。

 天候が不順になりつつある梅雨間近の5月31日、信州ビバレッジ取締役生産本部本部長の早川様を始め、3名の方に松本市総合社会福祉センターにお越し頂き、ご寄付を頂きました。

 信州ビバレッジ様は多くの従業員の方々が地域福祉に関心をもたれ、アンケートなどで地元の企業としてもっと地域福祉に貢献されたいとのお声が寄せられたそうです。

 今年で5回目となります信州ビバレッジ様からのご寄付は、5年間、松本市社協の活動に対するご理解とご協力の現れとして、感謝の念に堪えません。

 

 信州ビバレッジ様からは金員によるご寄付のみならず、自社製品である飲料水のご寄付まで頂きました。

 

 信州ビバレッジ従業員の皆様のご厚意に応えるべく、ご寄付を社会福祉活動に充てさせて頂きたく存じます。

 

 毎年のご寄付、誠にありがとうございます。

投稿日:2018年5月31日 カテゴリ:寄付

今年も行いました530(ゴミゼロ)運動

 5月30日、朝8時。雨が降るか危うい空の下、今年も行ないました530(ゴミゼロ)運動。松本市総合社会福祉センターを囲む道路を各課で分担してゴミ拾いと草むしりをしました。

 毎年側溝や歩道橋の階段の陰などにゴミが散らかしてあるものですが、今年はゴミが少なく、主に草むしりに注力しました。

 

 ゴミが少なかったのはいいことなのでしょうが、夏に向けて雑草がアスファルトの隙間をついて生えており、なかなか素手ではむしりづらくありました。

 梅雨前のこの時期にむしらないと、夏になる頃には草が道路に生い茂り、見栄えがよくありません。この日30分ほどでしたが大型のゴミ袋十数袋がむしった草でいっぱいになりました。

 

 5S運動(整理・整頓・清掃・清潔・躾)は松本市社協の方針にも盛り込まれているもので、ゴミゼロ運動の時だけゴミを拾うのではなく、自分たちが利用する場所は常にきれいにしておきたいと思いました。

投稿日:2018年5月31日 カテゴリ:その他

42回目!!浅間児童センターでもちつきがありました。

 5月とは思えない暑さとなった5月26日(土)、浅間児童センターでは実に42回目となる開館記念もちつきがありました。

 

 この日、浅間児童センターは朝から大忙し。10時から登録児童のもちつきがあるとあって、食改さん、民生委員さん、ボランティアさんや保護者さんは9時にはもち米を蒸かしたり、きなこ、しろごま、くろごまの準備に追われました。

 

 登録児童は10時から、一般の子どもたちは11時からと2回に分け、”きね”と”うす”でもちつきをしました。指導して下さった保護者の関係者であるTさんは、もう、もちつきのプロ。きびきびともちつきの準備をされて、子どもたちは楽しげに”きね”でもちをつきました。

 

 ”きね”は4種類用意し、園児から大人までそれぞれの体格に合わせた”きね”でもちつきをしました。

 

 子どもたちはもちつきの前に、蒸かしただけのもちごめを食べてみて、これがもちもちのおもちになるのが不思議そうでした。中には粘りだしたおもちを見て、「とろろみたい」、「白い納豆だよ!!」と言い合う子どもたちもいました。昨今はお店で切りもちとして売られているのが主流で、今回のようなついたおもちというのは子どもたちには珍しかったでしょう。

 

 遊戯室でおもちを頂きましたが、この間、子どもたちが司会をして、”しぎん”と歌が披露されました。”しぎん”は2年生の子が披露してくれましたが、浅間児童センターでは現在3人しか習っていないとのこと。せっかく月に2回先生をお招きしているので、ぜひもっと多くの子どもたちが”しぎん”を楽しんでくれたらなと思いました。

 

 今年は約140名が参加されて、遊戯室がいっぱいになるほどでした。

 ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

投稿日:2018年5月28日 カテゴリ:児童館