ブログ名

6月の島内児童センター

 松本は、空梅雨のような、いい天気が続いています。それとは対照的に北九州では大変な水害に見舞われています。このブログを書いている段階では被害の全容が分かっていません。被害が最小限になることを祈っています。

 

 さて、島内児童センターでは6月にアサガオやミニひまわりを植えました。今年は初めて6年生が苗からでなく、地域の方から頂いた種から植えて育てています。雨が少ないので水やりが大変なのかと思いましたが、6年生は掃除の時間に喜んで水やりをしています。

 他の学年の子どもたちも水やりをやりたがっていますが、これは6年生のお仕事。他の学年の子どもたちも早く6年生になって児童センターでアサガオなどを育てたいですね。

 

 空梅雨とはいえ、雨が降らないわけではなく、室内で楽しめる子ども企画のドッチボール大会がありました。3,4年生の子どもたちがちゃんとした企画書を立て、ポスターを作りました。30人ぐらいの子どもたちが参加し、企画した子どもたちも嬉しそうでした。

 

 梅雨も半分を過ぎ、後もう少しで明けます。こわいこわい通知表を乗り切れば待ちに待った夏休みです。今年は何をして遊ぼうか、今からそわそわしているのではないでしょうか。

 水の事故などに十分気をつけて、楽しい思い出をたくさん作ってください。

投稿日:2017年7月13日 カテゴリ:児童館

おともだちのすがたから・・・(寿つどいの広場)

 梅雨入りしたものの・・・♪なかなかふらないあめでした…♪

 朝晩の気温差が大きくて、体調管理がむずかしかった6月でしたね。

 つどいの広場に遊びに来てくれるおともだちは、みんな元気で・・・体育館で車に乗ったり、押したり・・・ボールをポンポン投げっこしたり・・・お部屋では、おままごとでごちそうを作ってくれて、わたしたちの分まで用意してくれて仲間にいれてくれたり、トミカで微笑ましい渋滞ができていたり・・・

 「好きな遊び」を大好きなお家の方と楽しむ姿に毎日ほっこりしています。

 

 0歳児さんがお昼寝の調整も兼ねて遊びに来てくれることも多くなりました。

 おもちゃを囲んでのお座りや、体操のときに流れる曲に合わせて身体を揺すったり笑顔を見せてくれとっても嬉しいです。

 

 6月は・・・お天気のいい日は「しゃぼん玉あそび」をして、嬉しい歓声をあげました。嬉しすぎて、あわあわになってしまうことも・・・

 「英語であそぼう!」の時間や、「リトミック体験」「わらべうたで遊ぼう!」などお家の方の関心度が高い・・・そしてとっても楽しい時間を過ごしました。

 この体験の中で共通して言えることは、「表現の豊かさ」かな・・・と思います。「表現の豊かさ」なんて難しい言葉に聞こえますが・・・それぞれジャンルが違いますが、イメージを膨らませて身体全身で感じる素直な気持ち・・・

 

 喜怒哀楽・・・素直な気持ちでお子さんと向かい合いたいですね。私も現在進行形の子育てを、6月のお子さんたちの姿を見て振り返ったのでした。

 

 7月は「たなばた会」「夏まつり」と楽しい行事を準備しながら、たくさんのお友だちと会える事を楽しみにしています。

投稿日:2017年7月4日 カテゴリ:つどいの広場

夏休みが始まりますね(館だより2017年7月分アップ)

 みなさんは季節を4つ(春、夏、秋、冬)に分けることはご存じですね。昔の人はさらに1つの季節を6つに分けて季節を感じていました。4かける6で24、これを二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。

 

 7月7日の七夕から、夏の第5番目の季節、「小暑」が始まります。この日からだんだん暑さが強くなり始め、7月23日から8月7日までの「大暑」で暑さがピークになります。

 

 あれ?8月はまだまだ暑いよ?と思うかもしれませんが、8月7日(立秋)からの暑さは「残暑」と呼びます。これは、元々二十四節気は中国で作られたもので、日本の季節とは少し違うからです。

 

 さて、豆知識(どうでもいいちしき)はこのくらいで、7月は夏休みが始まりますね。ちょうど大暑から残暑が休みとなります。暑いからといって、冷房に当たってばかりだとかえって体調をくずしてしまいます。松本は朝晩は涼しい風が吹くので、この時間は外からの風で過ごした方がいいかもしれません。

 世の中も夏休みはイベントがいっぱい!!元気よく、でも人に迷惑をかけないように遊びましょう。

 児童センターも小さな子と同じ部屋になることがあります。おにいさん、おねえさんとして、小さな子のことを考えてあげてください。

 

 それでは、良い夏休みを!!

 

 各児童センターのページには、こちらから入れます。7月の館だよりも掲載しましたので、どうぞご覧になってください。 

投稿日:2017年7月4日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

7/7は晴れたらいいな、七夕まつり(鎌田)

 外では梅雨の雨がしとしとと降る7月初日、鎌田児童センターでは七夕まつりとして、工作とパズルを行ないました。

 

 七夕まつりとして、この日は、

 ①キュービックパズル工作

 ②クロスワードパズル

 ③そうめん試食

を、民生委員の大人の方と一緒になって楽しみました。

 

 最初のキュービックパズルとは、写真2のように牛乳パックから作った3つの四角をつなぎ合わせたものを、縦や横に回して1つのキューブにしたときに6面を同じ模様にするというものです。小学生低学年の子どもたちには少々作るのが難しいものでしたが、民生委員さんに協力してもらって、みんな無事に作り上げました。

 

 クロスワードパズルは、一番早くに隠されたキーワードを見つけた机の子たちにはプレゼントがあると聴くや否や、子どもたちは大盛り上がり。机の上で頭がぶつかるぐらいに乗り出して夢中でパズルを解いていきました。

 

 最後には、お疲れ様ということで、民生委員さんが真心込めて作られたそうめんをみんなでおいしくいただきました。

 

 この日は、子どもたちと地域の方々とが親交を結ぶことが目的でした。①~③のどれも、子どもも大人も協力して楽しむことができました。外は雨でしたが、中では誰もが笑顔で笑い声が絶えない七夕まつりとなりました。

投稿日:2017年7月3日 カテゴリ:児童館

うたのおにいさんが来てくれました(浅間つどいの広場)

 梅雨の晴れ間となった6月28日、元NHKうたのおにいさんの杉田あきひろさんが浅間つどいの広場に駆けつけてくれました。

 

 開演30分前にもなりますと、駐車場としてお借りしました本郷小学校の校庭には次々と自動車が停まりはじめ、遠くからもお子さんづれのお母さんたちが大勢来てくださいました。

 のばら保育園の園児や近隣の方々も参加して、浅間児童センターの遊戯室が人でいっぱいになりました。

 

 

 あきひろおにいさんが「にじのむこうに」を歌いながら登場するともう、子どももお母さんも大喜び。拍手と歓声が沸き起こりました。

 それからも10曲ぐらい歌ってもらいましたが、元気いっぱいの楽しい歌詞と曲、そして振付に、立ち上がってジャンプしたり手を叩いたり一緒に歌おうとする子どもがたくさんいました。

 あきひろおにいさんのところまでトテトテと歩いていく子もいて、あきひろおにいさんはそうした子にもマイクを向けて一緒に歌ったり、名前をきいたりしてくれたので、子どもたちはさらに盛り上がりました。

 

 筆者も数十年前はNHKのうたが大好きでした。この日のうたは新しいものですが、その根底に流れる、子どもを楽しく元気にしてくれる心は変わっていないと感じました。子どもたちと一緒に懐かしくも楽しい時間を過ごさせてもらいました。

投稿日:2017年6月29日 カテゴリ:つどいの広場

快晴の空の下、第19回ふれあいまつりは大盛況でした

 先日の不安定な天気とはうって変わって快晴となった6月3日(土)、松本市総合社会福祉センターで第19回ふれあいまつりを開催することができました。

 

 ここ数年は工事等の関係により、大会議室で開催していましたふれあいまつりですが、今年は青空の下の芝生ひろばで開催しました。

 ふれあいまつりは、ステージ発表あり、各施設の出店あり、無料の食べ物ありとにぎやかなおまつりで、天気も良かったこともあり、非常に多くの方々がご来場くださいました。

 

 無料の食べ物として、総務課ではかき氷と綿あめを振る舞いましたところ、長蛇の列となりました。職員はできる限りお待たせしないように頑張りましたが、お待ちいただきました方々にはご迷惑をおかけしました。それでもかき氷や綿あめをおいしそうに頬張る子ども達の姿を見られてとても楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

 

 ステージ発表では、マジックや音楽の演奏など、今日のために練習してきたものを披露することができ、ご来場の方々の温かい拍手に励まされました。

 ステージ発表で一番盛り上がったのは、スーパーボーイズによるダンスの披露でした。このステージのために作った衣装を身に着けて、exile等の曲に合わせてグループダンスやソロダンスを披露しました。ステージの上のみならず、ステージの後ろにいた子ども達もまるでバックダンサーのように踊ったり、ステージの前の座席でも踊る人がいて、みんなが楽しい時間を共有できました。

 

 各施設の出店も食べ物を中心に様々な手工芸品も買っていただきました。リニューアルオープンしたcafeポリジも、このおまつりのための特別メニューを注文され、ゆったり座りながらおまつりを楽しまれる方々に好評でした。

 

 3時間ぐらいの短いおまつりでしたが、ご来場様に楽しんでもらえたのなら、この上ない喜びです。

 来年も青空の下、多くのご来場様に楽しんでもらえるように努めたいと思います。今回ご来場いただきました方々には厚く御礼申し上げます。

投稿日:2017年6月6日 カテゴリ:イベントのお知らせ

梅雨の時期です。室内で工作などいかが?(館だより2017年6月分アップ)

 この前入学式があったと思いましたらもう梅雨の時期です。子ども達にとっては2ヵ月は長く感じるものでしょうか?大人になるとどんどん時間が早く過ぎてしまいます。

 

 6月の館だよりを掲載しましたので、ご一読ください。

 

 6月は雨のために外遊びができなく、また、父の日があるためにプレゼントを工作する児童センターが多くあります。     

 つどいの広場でも小さい子がお母さんと一緒にプレゼントを工作します。何日もかけて作ったプレゼントをお父さんはきっと喜んでくれると思います。

 

 雨の日が多いといっても、子どもたちは自慢のかさや長ぐつをはいて、お友だちとみずたまりでおおはしゃぎ。なんでも遊びにしてしまう子どもたちを大人はもっと見習うべきですね。

 

 児童センターのページには、こちらから入れますので、どうぞご覧になってください。 

投稿日:2017年6月6日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

みどりがもくもく元気いっぱい!!(寿つどいの広場)

 青く晴れた空に、元気よく葉っぱが風に揺れていて気持ちよさそうです。今年は陽気の変化の差が大きく、長い間厚手の洋服がでたままでした。

 寿児童センターの玄関は少し薄暗いのですが、小さい手で嬉しそうにドアを開けて可愛いお顔をのぞかせてくれるお友だちが、「ぱっ!!」と心の電気をつけているかのように明るくなります。それが毎日の楽しみです。

 

 5月は「端午の節句」にあわせて「こいのぼり会」をしました。「こいのぼり」の絵描き歌。こいのぼりづくり・・・「金太郎」のお話に合わせて「お相撲ごっこ」遊びをしました。お友だちよりおおきいくまさんと「はっけよい!のこった!!」と頑張りました。

 

 また、今年度から、寿地区民生委員さん中心の子育て支援活動「192サロン」と一緒に活動を始めています!初回は「交通安全教室」・・・犬のおまわりさんのお歌にあわせたお勉強を親子でしました。交通ルールがいくつかある中で、信号のルールをお勉強した後歩く練習をしてみました。大人の目配りで回避できる事はたくさんあります。お子さんを安全に見守りたいですね。

 

 6月は、行事が盛りだくさん!!楽しい時間をたくさん過ごしましょう!!

 

 予定などお気軽にお問い合わせくださいね。

投稿日:2017年6月2日 カテゴリ:つどいの広場

530(ゴミゼロ)運動、松本市社協も参加しました。

 朝から暑くなりそうな予感のする5月30日(火)、松本市社協も5(ゴ)3(ミ)0(ゼロ)、ゴミゼロ運動の一環として、松本市総合社会福祉センターのまわりで雑草駆除とゴミ拾いを行いました。

 

 車避けに目立つ蛍光色のビブスを着た職員が、松本市総合社会福祉センターを囲む道路沿いに北東から南道を経て、西道に渡る区間を課ごとに分担しました。

 ここ数日で急に気温が上がったことが原因なのか、雑草がかなり生い茂り、ゴミ拾いよりも雑草駆除がメインとなりました。20分足らずの時間でしたが、ゴミ拾いの方は、側溝に入り込んだり、歩道橋の脇に隠れたゴミを探し出したりと、単に目に見える場所だけでなく、見えない所のゴミも拾いました。

 

 最終的には、駆除した雑草だけでもゴミ大袋20袋以上が集まりました。これだけの草を駆除するとやはり気持ちがいいもので、これからも530運動に関係なく、環境美化に努めてまいりたいです。

投稿日:2017年5月30日 カテゴリ:その他

41回目になりました、浅間児童センターのもちつき

 気温が高くなり、児童センターの裏のせせらぎで遊ぶ機会が増えてきた5月27日(土)、浅間児童センターではもちつき会が行われました。

 

 この日は、登録児童のみならず一般児童も参加できるとあって、10:00の登録児童のもちつきに続いて11:00から始まった一般児童のもちつきにも多くの子どもたちが参加してくれました。

 まだまだ体の小さな子どもたちは、子ども用のちいさな”きね”でも振り上げて落とすのに一苦労しました。それでも”うす”と”きね”でやわらかくしたもち米はいい感じのかたさになりました。

 

 つきあがったおもちはボランティアの大人の方々に”くろごま”、”しろごま”、”きなこ”をたっぷりとつけてもらい、つぎつぎとパックの中に並んで入れられていきました。

 子どもも大人も遊戯室にそろって、一人三つあるおもちをおいしく頂きました。思いのほかボリュームがあり、お昼にはちょうどいい量でした。

 

 遊戯室でおもちを楽しんだ後は児童によるけん玉と”しぎん”の披露がありました。”しぎん”を聞かせてくれた子の中には県の大会で金賞を目指す程のうでまえの子もいて、大人もびっくりでした。

 

 この日は、子どもも大人も協力しておいしいおもちを食べるという目標を達成しました。大人も若いお父さんお母さんからベテランのボランティアさんや町会長さんと世代を超えての参加であり、3代に渡った共同作業でした。こうしたイベントは誰もが楽しいのでこれからも色々な形で行なっていきたいですね。

投稿日:2017年5月29日 カテゴリ:児童館