ブログ名

“第4回児童館まつり”の最中はお空も笑顔でした。

 9月9日(日)、雨が降るか降らないか微妙な天気予報でしたが、みんなを児童館まつりで笑顔にしたいとの職員の願いが通じたのか、児童館まつりの最中は晴れて、太陽が顔を出してくれました。

 

 第4回目となる児童館まつり。毎年お世話になっている、信明中学校吹奏楽部、松商学園高校ダンス部、エクセラン高校合唱部の皆さまに見事なパフォーマンスを披露して頂きました。信明中学校吹奏楽部の皆さんは高宮児童センター児童のダンスの演奏中にYMCAを一緒に踊り、会場を沸かせてくれ、また、開会式と閉会式の司会は県ヶ丘高校の生徒さんがボランティアで協力してくれました。

 

 南部児童センター児童の元気な開会宣言に続き、会場では工作、運動遊び、車いす体験、パネルシアター、かき氷など様々なコーナーが開始され、高校生ボランティアがそれぞれのコーナーを支えてくれました。

 

 工作や運動遊びと一言で言っても、その内容は毎年変わっており、児童館職員がどうしたら楽しんでもらえるか、昨年とはどう違ったものにしようかと一生懸命考え、企画しました。

 回を重ねる毎に子どもたちが喜ぶ姿がどんどん増え、今年は昨年比1.5倍の約900名のご来場を賜り、また、一人もケガがなく、皆が笑顔で過ごせたことを一番うれしく思います。

 

 おまつりの楽しさは実際に参加することで初めて知ることができます。ブログでつらつらと書くよりも、今年ご来場くださった方々が来年も来てくださるように、また、初めての方がちょっと行ってみようかと思ってくださるようなおまつりにして、その楽しさを実感して頂けたらと思います。

 

 それでは、ご来場くださった皆さま、協力してくださった中高校生の皆さま、ダンスや開会宣言をしてくれた児童センターの皆さま、本当にありがとうございました。そのうちの一人が欠けてもこの日のおまつりの成功はありませんでした。来年もよろしくお願い致します。

投稿日:2018年9月11日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

✿ だいすき!!おとうさん!!✿(寿つどいの広場)

 猛暑日が続き、お外に出るのは、早朝か夕方の遅~い時間か・・・・

 

 暑さの心地よさを越えて、注意しなければならないことが多かった今年の夏・・・30度が涼しい・・・と感じてしまう体にびっくりでした。

 8月は夏休みでにぎやかなセンターでしたが、小学生の遊ぶ姿を窓越しに眺めたり、追ったりする小さいお友達にほほ笑んだり、手を重ねてみたりとお互いに可愛らしいやり取りがあって・・・子ども同士、言葉ではない通い合いのあたたかさを感じました。

 

 8月はお盆のお休みを使って「お父さんも遊ぼう!」ということで、おかあさんとバトンタッチしておとうさんが・・・また、ご家族みなさんで遊びに来てくださいました。いつもより空いているつどいの広場でトミカを並べたり、プラレールを上手につなげ「さすが!おとうさん!」の姿や、「どうぞ!」「ありがと」・・・とやりとり遊びがとても優しくてほんわかしている姿・・・

 お子さんに合わせてあそぶお父さんの姿ほほ笑ましかったです。

 

 牛乳パックを使った簡単工作では、アンパンマンやどうぶつさんのパクパク人形ができたり・・・「わぁお!!」の体操では元気に踊り・・・お子さんへの愛情をたくさんたくさん感じました。

 

 そしてお子さんの嬉しそうな笑顔がお父さんの元気の素だと改めて思いました。

 大好きなおとうさんとの時間もぜひ大事に楽しんでくださいね。

 

 9月も元気に楽しみましょう!お持ちしています。

投稿日:2018年9月6日 カテゴリ:つどいの広場

夏も終わりですね。むしろ終わってください(館だより2018年9月分アップ)

 風に涼しさが含まれるようになりましたが、今年最大の台風が来襲したりとまだまだ油断はできません。

 9月の館だよりが出そろいました。各児童センターのページには、こちらから入れますので、ご一読ください。 

 

 夏休みが終わり、学校も2学期が始まりましたね。なかなかお休み気分が抜けない子もいるのではないでしょうか。

 そんな子にいいお知らせです。9月9日(日)、南部体育館(イオン南松本店南側)で第4回児童館まつりを開きます。各児童センターの先生方が集まって作るおまつりです。当日は小学生のダンス、中学生の吹奏楽、高校生の合唱とダンスから、工作や運動遊びなどなど、各種お楽しみを用意しております(詳しくはこちらのちらし(PDF)をご覧ください)。かき氷も無料ですよ。

 

 だんだんと涼しくなっていく9月。暑さが過ぎても秋には秋雨という大雨が降ります。あまりの暑さに忘れがちですが、今年は大雨の年でもあります。大雨が降るよという日は、川やため池、がけには絶対に近づかないようにしましょう。ほんとに危ないですから。

 

 ここの所、日本は異常気象。みんなも自分の身の守り方を勉強しましょうね。

投稿日:2018年9月4日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

夏まつり、かき氷にアクシデント発生!!(田川児童センター)

 夏休み終了2日前の8月21日、田川児童センターでは夏まつりを開きました。

 

 田川児童センター夏まつりの目玉のそうめんとかき氷はテントを張って外で配りましたが、この日も照りつける太陽は衰えを知らず、外で子どもたちを待たせるべきか悩みどころでした。

 一方空調の効いた集会室では、良く飛ぶ紙飛行機作成、アクセサリ屋さん、紙製の魚釣り(魚の中に何か入っていたよ)、ホールではカーリングと輪投げのブースが並びました。

 

 と、ここまでは夏まつりの定番ブースをしっかりと押さえたおまつりの光景でしたが、トラブル発生!!

 なんと、かき氷器が動きません!!

 民生委員さんや保護者の方々がなんとか動かそうとしましたが、氷を回すモーターがうなるだけで回転してくれません!!

 

 そこで機転を利かせたのは先生方。かき氷が無理と見るやすぐさま炭酸水を買ってきて、シロップを炭酸水で割った「ジュース屋さん」に変更しました。 

 こうしたトラブルも手作りのおまつりには付き物。すぐに子どもたちの大好きな炭酸飲料に切り替えることで、がっかりさせないのは、さすが常日頃から子どもたちと接している先生方ならではでした。

 

 さて、夏休みも終わりました。うだるような暑さは夏休み前と変わりなく、この夏休みは暑さとの戦いではなかったでしょうか。心や体がつらいなと感じるのもこの時期。無理を押し通す必要はありません。元気になることを一番に考えましょう。学校もみんなが元気になって登校してくるのを待っています。

投稿日:2018年8月27日 カテゴリ:児童館

晴天の夏まつり、初めてSLに乗りました(あがた児童センター)

 日差しは熱気を帯びていましたが、木陰に入ると涼やかな風が吹いた8月18日、あがた児童センターでは夏まつりを開きました。

 

 当日は県ヶ丘高校、美須々ヶ丘高校、松商学園高校、エクセラン高校のボランティアさんに設営や、保護者の方々と共にブースの受付をして頂きました。雲一つない晴天となり、帽子をかぶった大勢の子どもたちと保護者の方々がお越しくださいました。

 

 エクセラン高校生の合唱、松商学園高校生のダンスで華々しく開会をすると、子どもたちは思い思いのブースへと飛んでいきました。金魚すくい、射的、くじ引き、手作り小物のおみせやさん、かき氷と定番のブースをそろえて子どもたちを迎えました。中でも、あがた児童センターでは、隣りの蚕糸公園の広さを利用したミニSLの運行が目玉でした。

 

 みんなはSLを知っていますか?電気で動く今の鉄道よりも前に使われていた、石炭を燃やして進み、煙を吐いたり、独特の音や匂いがする鉄道のことです。ミニSLはそれをうーーんと小さくしたものですが、本物の石炭を燃やし、客車を引っ張って走ることができます。このミニSLは閉会式まで人が絶えることなく、この日一番の人気となりました。

 

 夏休みもそろそろラストスパート。まだたくさん宿題が残っている子は二学期に間に合うようにしましょうね。この夏まつりはいっぱい日記に書くことがありましたか?

 すがすがしい風に乗ってくる石炭の燃える匂いを初めて嗅いだ子もいた夏まつり。夏休みの思い出の一つとしていつまでも覚えておいてください。

投稿日:2018年8月20日 カテゴリ:児童館

炎天下の虹、天気は下り加減?

 酷暑の夏、大気が非常に不安定と予報された8月14日、松本市総合社会福祉センターの5Fから虹が見えました。

 

 一昨年にも虹がみえましたが、実に2年ぶりの虹は、お盆で多くの職員が休暇を取っている中、観客の少ないショーとなりました。10分後には消えてしまった虹。松本市総合社会福祉センターでは雲が多めながら日差しが強い天候でしたが、この虹はこれから荒れる兆候でしょうか、それとも天気が保つ兆候でしょうか。

 

 高温と大雨に悩まされる今年の夏、一服の清涼剤として現れてくれたものと受け止めておきましょう。

投稿日:2018年8月14日 カテゴリ:その他

異常な暑さの夏休み、体調には気をつけましょう(館だより2018年8月分アップ)

 うだるような暑さが続いたかと思えば、大雨や東から西に移動する台風・・・日本は大丈夫なのでしょうか?

 

 8月の館だよりが出そろいました。各児童センターのページには、こちらから入れますので、ご一読ください。 

 

 さてさて、みんなは夏休みの真っ最中ですね。遊んでますか?

 題にも書きましたが、今年の夏は異常な暑さです。外で遊ぶには十分な水分がとれて、太陽の当たらない涼しい、大人の目がある場所で遊ぶようにしましょう。子どもたちだけで遊びたいでしょうが、残念ながら今年はちょっと無理そうです。

 

 暑いので水遊びをしたいところです。ですが、ニュースなどで水の怖さを感じている子もいるでしょう。大雨や台風の前後では、とても危ないので、川やため池、がけの近くには絶対に近寄らないようにしてね。

 

 あれはダメ、これもダメづくしの今年の夏。それでも、多くの児童センターで毎年恒例の夏まつりを行います。それぞれの児童センターで工夫を凝らしているので、今から楽しみですね。私もいくつか回ってブログに載せたいと思います。他の児童センターではどのように楽しんでいるか、ブログから伝わればうれしいです。

 

 楽しい楽しい夏休み中、熱中症などで寝込んでしまう子が一人もいないことを祈っていますよ。

投稿日:2018年8月3日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

☀ あつい!あつい!!あつい!!!☀(寿つどいの広場)

 ぎらぎらとお日様も汗をたくさんかいているような陽ざしが強い日が続いています。

 子どもたちは、汗を光らせながらクルマに乗って遊んだり、ボールを夢中で追いかけたり・・・夏バテしそうな陽気の中パワーをもらっています。

 今年も夏ならではの遊びを思いっきり楽しんでいます。

 

 連休前には「ことくま神社の夏まつり」を楽しみました。

「ことくま」とは・・・寿児童センターに住むくまさんです。

 7月に二代目のことくまさんが仲間入りしました。ふわふわのかわいいおおきなくまさんです。

 そのことくまさんをまつった神社がことくま神社。

 当日は、福祉ひろばの「桶太鼓(おけだいこ)サークル」の方々の演奏や太鼓演奏の体験・・・出店ごっこやきんぎょすくい、スイカ割り・・・だるま落としにおめんやさん、ヨーヨーつりなどを楽しみました。

 中でも、「バイキンマンをやっつけろ!」は大盛況!!

・・・イメージでお話しすると「わにわにパニック!」というたたきゲームのようです。

どこから出てくるかわからない「バイキンマン」をアンパンマンハンマーでやっつけました。

 暑い夏の、笑顔いっぱいのひとときでした。

 

 8月は小学生と一緒の利用になります。ご協力よろしくお願いします。

投稿日:2018年8月3日 カテゴリ:つどいの広場

35年に渡る活動に敬意を表します。(ご寄付)

 連日の猛暑を予感させる7月13日、ボランティア安曇野同好会代表の若松様をはじめ4名の方が松本市社協にお越しになり、ご寄付をしていただきました。

 

 代表の若松様は松本市社協が昭和40年代に開いた「ボランティアアドバイザー」という講座を受けられ、昭和58年からボランティアで一芸を披露する活動を始められました。

 それから実に35年。まだまだボランティアという言葉が日本に浸透していない頃から活動され、信州のボランティアの先駆けとなられてきました。長野オリンピックでは表彰式で南京玉すだれをご披露されたこともあり、その活動を信州新町(現長野市)から岡谷市まで広げられてきました。

 

 現在は会員5名、ご高齢になられながらも、若いボランティアは若い方なりの考えで活動されれば良いと35年の重みを感じさせない謙虚なお言葉を頂きました。

 

 今回のご寄付も、ボランティアをする原点となったボランティアアドバイザーの講座を開いた松本市社協にという若松様のご厚意からで、弊会としましてもそれほど前のことへのご厚意に感謝の言葉もございません。

 

 ボランティア安曇野同好会様の更なるご活躍を祈念いたしますとともに、頂戴いたしましたご寄付に込められた35年の重みを大切にし、社会福祉に活用させて頂きたく存じます。

 

 ご寄付、誠にありがとうございました。

投稿日:2018年7月13日 カテゴリ:寄付

今年の七夕まつり、昼は晴れて夜は雨でした(鎌田児童センター)

 西日本では豪雨が降った7月7日(土)、鎌田児童センターでは七夕まつりを開きました。

 

 今年の七夕まつりは、子どもたちによるパネルシアターでの七夕のお話から始まりました。ハンドベルによるキラキラ星の演奏もあり、子どもたちがこの日のためにがんばって練習してきたことが伝わってきました。

 

 昨年同様、この日は工作とゲームをして楽しみました。日赤奉仕団さん、世代交流会さん、福祉ひろばさん、保護者の方々が協力して子どもたちに「不思議なコマ」の作り方を教えてくださいました。

 不思議なコマは、八角形に切った薄い木のコマにちょっと不思議な模様が書かれた紙を貼りつけたものです。白黒で書かれた模様が回り出すと、あら不思議、コマの色が灰色になりました。他にも丸が書いていない模様が回るといくつもの同心円が現れたりと、止まっている時と回っている時では違う模様となるコマに子どもたちは大はしゃぎしました。

 

 4×4のビンゴシートに自由に動物の名前を記入し、司会の子が箱から動物の名前を取り出してビンゴを作るゲームもテングザルやおこじょといったマイナーな動物の名前が出ると「そんなの知らないよ~」と言う子もいましたが、リーチになるともう大変でした。そこら中からリーチ、ダブルリーチ、トリプルリーチと元気な声が聞こえました。多くのテーブルでビンゴが出来上がりましたが、最初にビンゴになったのは二人だけのテーブルでした。

 

 不思議なコマやビンゴゲームで楽しんだ後は、トッピングたっぷりのそうめんを頂きました。とてもおいしかったです。

 

 七夕まつりの最中は天気もよかったのですが、残念なことに夜は雨で、天の川やお星さまを見ることができない七夕となりました。

 でも大丈夫!松本では旧暦の7月7日、今のカレンダーでは8月7日にも七夕を祝います。この日は夜晴れて、天の川やお星さまが見られたらいいですね。

投稿日:2018年7月10日 カテゴリ:児童館