ブログ名

信州ビバレッジ様より寄付を頂きました。

 満開の桜も一段落し始めた4月24日(月)、松本市総合社会福祉センターに信州ビバレッジの取締役生産本部本部長の早川様をはじめ、3名の方にお越しいただき、松本市社協に寄付を頂きました。

 信州ビバレッジ様には毎年寄付を頂き、今年で4回目となりました。信州ビバレッジ様はアルウィンに近いということで、松本山雅の応援などで話が弾み、金員の他に自社製品の飲料水も多く頂きました。今回の寄付を地域福祉に活かして欲しいとのご希望で、弊会としましても、地域福祉で必要とされている所に活かしていきたいと思っております。

 

 今年もご寄付を頂き、誠にありがとうございました。

投稿日:2017年4月24日 カテゴリ:寄付

緊張しなかったかな、一年生をむかえる会(あがた児童センター)

 気温が20℃まで上がり、雲一つない快晴となった4月21日(金)、あがた児童センターでは新一年生を迎える会をひらきました。

 

 今年は新一年生が31人入り、いつにもまして児童センターはにぎやかでした。あがた児童センターは源池小学校と清水小学校の2校の児童が登録するセンターで、別の学校の児童がいると緊張するのかなと思っていましたが、そのようなことはなく、一年生は元気に遊んでいました。

 

 残念ながらこの日は、高学年の学校が終わるのが遅くなったために、二,三年生が一年生を迎えました。

 一年生の元気な自己紹介のあとは、先生達が絵本の「おばけパーティ」を読み、昔懐かしい紙芝居でこいのぼりのお話を聞かせてくれました。

 その後は、ばらばらになったチョウチョやテントウムシなどの絵を一年生と上級生がペアになってもとの形にもどすパズルゲームで盛り上がりました(パズルの国の王様が来ましたがとあるアクシデントがあり、児童みんなが大喜びしました。アクシデントが何かは秘密です)。

 

 あがた児童センターはこの日、すばらしい満開の桜が咲いていました。子どもたちは桜よりもお友だちとの遊びに夢中でしたが、桜の花も満開になって一年生を迎えているようでした。桜の木に見守られながら、これから6年間、ここで楽しく過ごしていきましょう。

投稿日:2017年4月24日 カテゴリ:児童館

桜の森の満開の下で

 4月17日(月)、先週末に気温が急に上がったため、金曜にはまだつぼみが多かった松本市社協の桜の木にも満開の花が咲きました。

 

 桜が咲くと、冬がやっと終わったという実感が湧いてきます。信濃の冬は長く暗く、雪が多い、闇の深いものですが、桜が咲くととたんに世界が開けたかのような清々しい光景となります。

 松本市社協にも桜の木が植えられており、また近所の南部公園にある桜の木と共に、この時期は通勤通学の途中のみならず、ベビーカーを押したお母さんたちも桜の並木道を楽しんでいます。

 

 松本市社協の総務課がある松本市総合社会福祉センターの5階からは弘法山の桜の森がよく見えます。古人はそのあまりの美しさに、桜の森に妖しきものを感じ、女性の美しさと重ね合わせて幻想的な小説を書きました。

 現代では、桜の森もずいぶんと人でにぎわい、夜はライトアップされるなど、妖しさが薄れて何かさびしいものを感じます。

 

 桜の季節は短く、すぐに深緑の季節に移ろいでしまいます。雨の日だろうと晴れの日だろうと、妖しい美しさを湛える桜を探して散策してみるのもまた楽しいものです。

投稿日:2017年4月17日 カテゴリ:その他

新しい学校、新しい学年(館だより2017年4月分アップ)

 朝はまだ少し冷えますが昼には15℃以上になることもあり、朝昼の温度差が大きいこの季節、着ていくものをえらぶのもむずかしいですね。

 

 新年度最初の館だよりが出そろいましたのでご一読ください。

 

 さて、4月は学校もいろいろといそがしい月です。児童センターでも新一年生をむかえましたが、新一年生もざいこうせいも少しきんちょうしているころではないでしょうか。

 今月はそんなきんちょうをやわらげるために、新一年生かんげい会を各児童センターできかくしています。

 センターのなかをたんけんしたり、年のちがう子とおはなししたりと、一日もはやくセンターになれてもらうために、先生とお兄さんお姉さんががんばってくれています。新一年生も六年も年がちがう子といっしょになることもあります。先生やお兄さん、お姉さんからしっかりとマナーとルールをおしえてもらって、”ようじ”とはちがう、”じどう”になるようにしましょう。

 

 なにはともあれ、みなさん、新しいせいかつにようこそ!!

 

 児童センターのページには、こちらから入れますので、どうぞご覧になってください。

投稿日:2017年4月7日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

平成28年度退任式・平成29年度辞令交付式

 新年度、平成29年度を迎える4月となりました。松本市社協でも3月31日に平成28年度退任式を、4月3日に平成29年度辞令交付式を執り行いました。

 

 退任式では、24名の方々が新しい環境へと飛び立ちました。外は生憎の雨でしたが、正面口より、在職者が左右に並んで退職者の方々とお別れを惜しみました。昨年に続き、今回も30年以上勤められた方が辞められました。その穴を埋めることは容易ではありませんが、先達に負けずに職務に忠実でありたいと思います。

 

 辞令交付式では、異動または新規採用され、新しい職場に挑戦される職員に会長より期待のお言葉を頂きました。総務課でも2名退職、2名異動で3名新規加入となり、新しい体制で今年度の仕事が始まりました。まだ新体制になってから日が浅いため、新規加入者も残留者も手さぐりですが、よりよい職場環境の構築と市民の方々へのサービスの向上に努めていきたいと思います。

 

 今年度も松本市社協をよろしくお願いいたします。

投稿日:2017年4月4日 カテゴリ:その他

おおきくなったね!!(寿つどいの広場)

 ♪は~るよこい は~やくこい あ~るきはじめたみいちゃんが~♬

 冷たい風の中にも春の訪れを感じ、背筋がピンとしますね。

 新しいスタートの準備で追われている方も多いかと思います。

 そんな中・・・寿つどいの広場では「おおきくなったね会」を行い、「3匹のやぎのがらがらどん」のお話にあわせて遊びながら橋を渡ってみました。

 穏やかな雰囲気の中で、お子さんの成長を拍手でお祝いできました。

 地域の方々の演技もステキでしたよ!最後にスライドを見て今年度を振り返りました。

 時間の流れの早さを改めて実感・・・みんな一生懸命過ごしているからこそ感じる気持ちかもしれませんね・・・

 

 今年度もたくさんの出会いがありました。

 遊ぶことが待ちきれなくて、来ると同時におもちゃにまっしぐらのおともだち・・・

 恥ずかしくておかあさんにくっつきっぱなしのおともだち・・・

 おうちのことをたくさんおしゃべりしてくれるおともだち・・・

 だんだん慣れてきて「にこっ」と笑顔をみせてくれるようになったおともだち・・

 お子さんの成長に毎日奮闘しながらがんばっているおかあさん・・・

 

 私たちは子育ての一番手のかかる時期、何よりかわいい盛りの時期に一緒に過ごさせて頂けてることに感謝の気持ちでいっぱいです。

 大変だったけどあの時は楽しかったな・・・っと心の中であたたかく残る思い出でありますように・・・

 

 来年度もまた新しい出会いを楽しみにしています!✿みなさんありがとう✿

投稿日:2017年4月4日 カテゴリ:つどいの広場

楽しい、楽しいショーのはじまりです(田川児童センター)

 年度のおわり、いそがしい人気大道芸人の「物語人(ストリート)」さんが3月23日に田川児童センターに来て下さいました。

 

 まず、カメラのようなかぶりものをして軽快なトークで子どもたちを笑わせて、場をなごやかにしました。そこからはもうストリートさんの一人舞台、子どもたちも笑ったり、つっこんだりとショーに夢中になりました。

 

 くわしく内容を書いてしまうと、これからストリートさんのショーを楽しみにしている子どもたちに悪いので省きますが、すてきなプレゼントがもらえるかもしれません。お楽しみに!!(大人の中にはぎせいしゃ(!?)がでるかもしれません!!)

 

 とにかく子どもたちの心をつかみ、大笑いできる、楽しい楽しいショーでした。小学生だけでなく、つどいの広場の小さな子も楽しんでいました。

 

 朝夕は冷たい風が吹きますが、昼はもう春の空気。新しい生活をひかえる多くの子どもたちにいっぷくのせいりょうざいとなりました。

投稿日:2017年3月23日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

来年度に向けての準備で大忙し(館だより2017年3月分アップ)

 まだまだ寒い日が続き、積雪も油断できません。それでも氷点下7,8度ということはなくなり、春の兆しがそこかしこに見られるようになりました。

 

 3月分の館だよりが出そろいましたので、ご一読ください。

 

 3月は一年の総まとめ。4月に向けて今年度に習ったことをもう一度復習してみましょう。

 学校が勉強で忙しくなる3月、児童センターではパフォーマーを招いて楽しいショーをしてもらうことで、子どもたちを元気づけたいと思っています。つどいの広場の親子が参加できるショーもあります。どうぞお越しください。

 また、平成29年度の登録児童保護者説明会を多くの児童センターで開きます。来年度の児童センター利用について大切なお話等がございますので、ご参加の程をお願い致します。

 

 春休みには、小学生はつどいの広場の小さなお子さんと一緒に児童センターを利用することになります。小さなお子さんのまわりでは、はしったり、おおごえをだしたり、何かものをなげたりするようなことは、ぜったいにしてはいけません。マナーとルールをきちんとまもって、みんながえがおになるところにしましょう。

 

 児童センターのページには、こちらから入れますので、どうぞご覧になってください。

投稿日:2017年3月3日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

✿大切なお誕生日✿(寿つどいの広場)

 立春をすぎてもまだまだ寒い日は続きますが・・・先日「ちゅうりっぷ」の芽が顔を出している姿を見つけ思わず微笑んでしまいました。少しずつ春が近づいてきていますね。

 2月は「豆まき」に始まり、今年一年心身ともに元気に過ごせるように願いをこめました。お子さんたちからパワーをもらってたくさん笑いながら過ごしているつどいの広場です。

 

 今月は・・・毎月大切にしている「お誕生会」の紹介をしたいと思います。

 私たちは毎日のつどいの広場での「出会い」を大切にしています。

 そしてその出会いから、人と人のつながり広がっていって、強い「絆」になれば嬉しい思いでいます。その中での「お誕生」はお母さんとお子さんとの出会いの始まり・・・

 成長の節目をみんなで自分と重ねながらお祝いできる素敵な時間です。

 毎回お母さんに「お子さんの名前の由来」をお話して頂いていて、同じ「お母さん」としてお祝いする側も、してもらう側もこのお話を聞くと思いが伝わり合い「お子さん」をとても愛おしく感じます。

 

 お祝いした後は「SUNババ」さん「おはなしポケット」さんが各月でお話会をして下さり、そこでの時間もまたステキ!!

 「SUNババ」さんは、いつでもお日様みたいにあったかくて、お話からたくさんの子育ての知恵と元気をもらいます。ハーモニカの音色でほっこりします。

 「おはなしポケット」さんは、たくさんのポケットからお話がたくさん出てきます。

 どれもとっても優しい語りで包んでくれます。

 

 いつでもたくさんの出会いをしに「つどいの広場」に遊びにきてください。

3月は「ひなまつり会」や「おおきくなったね会」などがありますよ。お待ちしています。

投稿日:2017年3月3日 カテゴリ:つどいの広場

やしょうまというおかしを知っていますか(山辺児童センター)

 立春(りっしゅん:春のはじまる日)の2月4日、山辺児童センターでは、信州の新春のおかし、”やしょうま”というものを作りました。

 

 やしょうまとは、米粉をふかしたものに人が食べてもだいじょうぶな色をつけて、さまざまなもようを金太郎あめのように作ったものです。

 まず、こどもたちが白いふかした米粉に色をつけて、長くのばしました。それを写真2のように組み合わせてさらにのばし、糸で切って写真3のようなもようを作りました。

 もようを作るほかに、長くのばした米粉をみつあみのようにあんで、のばしたものを小さく切って、さらに丸めた”かみふうせん”という、カラフルなあめのようなやしょうまも作りました。

 

 もようを作るのはこどもたちにはちょっとむずかしかったようで、おとなにおてつだいしてもらってなんとかできあがりました。

 最後にはとてもたくさんのやしょうまができあがり、私にもおすそわけがありました。焼いてさとうじょうゆで食べるとまるでおもちのようでとてもおいしかったです。

 

  三九郎のまゆ玉とともに信州の郷土料理(きょうどりょうり:ふるくからそのとちで食べられているもの)として、こどもたちにも知ってもらい、おとなになったときはそのこどもたちにも伝えてほしいです。

投稿日:2017年2月6日 カテゴリ:児童館