ブログ名

視察研修で地域づくりの意識高まる

 7月11日(月)に神林地区民生委員・児童委員協議会では、地域づくり活動の推進を図るとともに、特に将来を担う子ども達の支援活動に役立てるために視察研修を行いました。
 児童養護施設「軽井沢学園」では、自然の中で楽しく学べる環境で、児童の生活と自立を温かく見守り、児童が明るく健やかに育ってほしいとの願いとともに、児童が将来社会の一員として立派に自立し活躍できるように積極的に取り組んでいました。
 児童養護施設は、親自身の病気や経済的理由や親からの虐待など、何らかの理由で家庭生活を続けることが困難となった子ども達が生活している場所です。
 全国には、585ケ所あり、約3万人の子ども達が生活しています。
 将来を担う子ども達が、元気で生きがいを持って暮らせる豊かな地域を築くことが重要であることを学び、今後の活動に活かしていきたいと思っています。
 

投稿日:2016年7月12日 カテゴリ:民生委員・児童委員協議会

視察研修で地域づくりの意識高まる!!

 6月13日(月)に松南地区民生委員・児童委員協議会では、地域づくり活動の推進を図るとともに、支え合い活動に役立てるため、地域密着型小規模特別養護老人ホーム等を運営している「フルリールにらさき」の視察研修に行きました。
 「フルリールにらさき」では、住み慣れた街で安心して暮らしたいという、皆様の笑顔を応援していました。地域密着型介護老人福祉施設では、在宅での生活が困難になった方でも、住み慣れた土地を離れずに、10人を1ユニットとした家庭的な雰囲気で、暮らし続けることができるように介護サービスを行っていました。また、地域密着型小規模多機能型居宅介護事業では、介護が必要となっても、住み慣れた地域や自宅で自分らしく暮らしたいという願いに応えるため、利用者と職員が緊密な関係を築き、在宅での生活をトータルに支援していました。
 元気で生きがいを持って暮らせる豊かな地域を築くことが重要であることを学び、今後の活動に活かしていきたいと思っています。
 

投稿日:2016年6月14日 カテゴリ:民生委員・児童委員協議会

芳川地区民生児童委員協議会で研鑽を深めるため視察研修を行いました。

 4月22日(金)に芳川地区民生委員・児童委員協議会では、広く地域ニーズに即した活動に役立てるため、「フルリールにらさき」(小規模特別養護老人ホーム、短期入所生活介護施設、小規模多機能型居宅介護事業)の取り組みについて、研修を行いました。
 フルリールにらさきでは、「私たちがしてほしい介護を利用者に」をコンセプトに人としての倫理を大切にし、自分がしてほしいことを人にもしてあげることを考え方や行動の規範としたあたたかい介護サービスの提供を行っていました。
今後の活動に生かしていけることがありました。
 

投稿日:2016年4月25日 カテゴリ:民生委員・児童委員協議会