ブログ名

高齢者クラブ連合会女性部花植え作業

 毎年、松本市高齢者クラブ連合会の女性部のみなさんが、社会福祉協議会玄関脇の花壇の花植えをしてくださいます。

 5月24日火曜日、朝から日差しの強いなか、一生懸命に作業してくださいました。

 ベコニア、マリーゴールド、ペチュニア、ブルーサルビア。

 ピンクや赤、オレンジに黄色、水色にむらさき、色とりどりの可愛らしい花が花壇を彩りました。

ファイルをダウンロードする

投稿日:2022年6月14日 カテゴリ:プラチナセンター

プラチナ大学初回講義

 5月11日水曜日、午前中に入学式・オリエンテーションを終えて、午後1時から初回の講義がありました。

 初回は、「岳都松本・上高地再考」と題し、自然公園財団上高地支部所長の加藤銀次郎先生に講義をいただきました。

 上高地の自然は人工的に作られ、いま現在も人の手によって管理されていることや、土砂の堆積によって、あと数年で大正池が無くなってしまう

など、自然について考えさせられる時間となりました。加藤先生の講義は途中途中にクイズをはさみながら2時間では収まりきらないほど、盛りだくさんの内容で、学生のみなさんは、もっと知りたいともっと学びたいと思ったようです。

投稿日:2022年6月14日 カテゴリ:プラチナセンター

令和4年度 第41期プラチナ大学入学式

 令和4年5月11日水曜日、第41期プラチナ大学の入学式が行われました。

 ここ数年、新型コロナの影響ですべての事業が縮小気味でしたが、今年度は、社会福祉協議会の創立七十周年記念ということもあり、来賓者もお呼びして盛大に行いました。

 小林学長(社会福祉協議会会長)と来賓の方々には祝辞で鼓舞する言葉をいただき、学生の皆さんの表情から1年間頑張ろうという気持ちが見て取れました。また、学生代表の方の誓いの言葉からも、学習意欲があふれていました。

投稿日:2022年6月14日 カテゴリ:プラチナセンター

社協つむぎちゃん劇団 初公演!

 

 昨年の11月から松本市総合社会福祉センターで練習を重ねてきた、社協つむぎちゃん劇団の本所グループが、白板地区の福祉ひろばで初公演を行いました。内容は特殊詐欺被害防止啓発(電話でお金詐被害防止啓発)です。

 団員の皆さんは、台本の内容や演技の細かい調整を行いながら、ただ啓発を促すだけでなく見て頂く方に楽しんでいただけるように工夫を繰り返し、本番に向けて練習を頑張ってきました。

 当日は、白板地区のみなさんも笑って見ていただき、楽しみながら啓発活動を行うことができたと思います。

 

 各地区町会で講演をご希望の場合は、是非ご連絡ください!

(問合せ:地域福祉課☎27-3381

 

活動依頼の際は、下記情報をご連絡ください。

・活動希望日、時間

・会場場所(会場の広さ 等)

・開催行事名 等

 

ご連絡お待ちしております!

投稿日:2022年6月10日 カテゴリ:ボランティア情報,地域福祉課

令和3年度エコキャップ運動のご報告です!

 

令和3年度も松本市社協には、多くのペットボトルキャップが集められました。リサイクルには、松本深志ライオンズクラブの皆さまにもご協力いただいております。

3月24日に、令和3年度分最後のリサイクルをしていただき、令和3年度分の業者へ持ち込んだ総重量が確定しました。

その総重量は、2,760kgで、キャップ数で約138万個です。金額に換算すると約27,600円で、ポリオ(小児麻痺)ワクチン約1,380人分になります。

少しでも多くの子供たちの命を守ることができると思うと、活動のやりがいも出てきますね。

ご協力ありがとうございました。

 

投稿日:2022年6月7日 カテゴリ:未分類

里山辺地区にて有償生活支援事業「つむぎちゃんサポート」 協力会員説明会を開催しました!

 

5月24日(月)・25日(火)の両日、里山辺地区において有償生活支援事業「つむぎちゃんサポート」の協力会員説明会を開催しました。

地域の中で日常のちょっとした困りごとがある人に対し、地域の皆さんの力でその困りごとを解決しようという支えあいの活動に自分の空いている時間を役立てようと、3回の開催に26名の方々が参加しました。

地区内に全戸配布されたチラシを見て参加した方や、友人同士で参加した方等、活動に対しての関心の高さが伺われました。また男性の参加も目立ち、みんなで支え合える地域にしようという今後の地域活動に取り組む頼もしさを感じました。

一人ひとりの熱い思いが支え合いの輪となって広がるよう、社協としてこれからも一緒に取り組んでいきたいと思います。

投稿日:2022年5月31日 カテゴリ:有償ホームヘルプ事業,未分類

炊き出しキャラバン隊の研修会を実施いたしました!

 

日本赤十字社長野県支部松本地区の大釜などを活用して、地区町会の行事や市内のイベントで地域の方がと一緒に炊き出し(食事支援)を行う「炊き出しキャラバン隊」の隊員(ボランティアさん)を4月から募集し、この度、隊員登録をしていただいた皆さん向けに研修会を実施いたしました。

内容は、レストラン「どんぐり」の浅田修吉さんによる炊き出し研修と社協障害福祉課希望の家指導員の松澤裕衣さんによる衛生研修です。

炊き出し研修では、ビニール袋を使った炊き出しメニュー(煮込みハンバーグ、サバの味噌煮、オムレツ、リゾット、ポトフ、ハイゼックス炊き込みご飯)を実際にその場で調理していただき、作り方の紹介や、炊き出しのノウハウを勉強させていただきました。

 衛生研修では、調理する際の身だしなみを始め、食材の取り扱いや、調理中のコミュニケーションについてなど、衛生の基礎を教えていただきました。

 

炊き出しキャラバン隊は、今後様々な地区で活動できるように準備してまいります!また、活動にご興味があるかたは、隊員を募集しておりますので地域福祉課(☎27-3381)にご連絡ください。

投稿日:2022年5月20日 カテゴリ:ボランティア情報,地域福祉課

「第三地区高齢者いきいきマップ」の紹介

こんにちは!第三地区生活支援員です。

今回は、「第三地区高齢者いきいきマップ」の紹介をします。

 

高齢者が住み慣れた地域でいつまでも安心して過ごしていくために、生活に必要な情報を網羅した地図を作成しました。

 

高齢者にとって必要な情報とは何か?から考え、アンケートで地区住民から意見を募り、町会長、民生児童委員と話し合いを重ね掲載するものを決めました。

 

仮校正のマップを片手に違っているところはないか歩いて周りました。数カ月でお店の名前が変わってしまった所もありました。

 

高齢者を対象にしたマップですが、5月に地区の全世帯に配布しました!役立ってもらえたらいいな…と願っています。

投稿日:2022年5月18日 カテゴリ:地域福祉課

新型コロナウィルス特例貸付の申請期限が延長されました【令和4年5月情報】

新型コロナウィルスの影響による減収や離職等を対象とした特例貸付の申請期限が下記のとおり延長されました。

 

・緊急小口資金及び総合支援資金【初回申込】

  当初:令和4年6月末まで → 延長後:令和4年8月末まで

 

 

松本市社会福祉協議会での受付方法は次のとおりですので、ご確認の上、お申込みください。

 

【面談の予約】

 電話による申込のみ承ります。

電話番号:0263-25-7311(松本市社会福祉協議会 生活福祉課・自立支援係)

 

【申請の流れ】

    電話による面談予約(面談日時の決定)

    社協よりご自宅に郵送で申し込み用紙を送付いたします。

    届いた書類を記入し、必要なものをそろえてください。

※必要な書類は同封のチェックリストを参照してください。

    ③でそろえた書類等を持って、①で決定した面談日にお越しください。

 

【その他】

・予約せずに来所された場合は、面談の予約と書類のお渡しのみとなります。

・予約が多い状況が続いていますので、早めの面談予約をお願いいたします。

 

お問い合わせ

松本市社会福祉協議会 生活福祉課・自立支援係

 〒390-0833松本市双葉4番16号(総合社会福祉センター内)

 電話 25-7311

投稿日:2022年5月10日 カテゴリ:生活福祉事業

岡田地区岡田町町会サロン「サンサンかふぇ」が始動しました!

こんにちは、岡田地区生活支援員です。

今年度から岡田地区の岡田町町会で「皆がそれぞれ主役になろう!」を合言葉に、岡田町サロン「サンサンかふぇ」がオープンいたしました!

 

421日は「お花見ウォーキング」と称し、お隣の本郷地区洞町会にある桜柿の里(おうしょうのさと)まで上がり、その後メンバーさんが見つけてくれた女鳥羽川沿いの八重桜がキレイに咲く穴場(?)でお花見を楽しみ、岡田伊深町内公民館横ひろばをお借りして感染対策をしっかりとした上で、皆で美味しいお弁当に舌鼓を打ちました。

 

その際に、社協地域福祉課ボランティアセンターから「出張!どこでも’’えんがわ’’」ベンチをお借りし、岡田伊深町内公民館に設置されているベンチと一緒に利用しながら、高校生の描いてくれたベンチの絵を口々にほめて、足を伸ばして楽々と休憩しました。

 

春爛漫の中、これからの活動に明るい元気と楽しいワクワクがいっぱいの、岡田町「サンサンかふぇ」です。

投稿日:2022年5月6日 カテゴリ:地区活動,地域福祉課,未分類