ブログ名

マスクのご寄付を頂きました

 

 6つの個人・企業・商店の皆様より、手作り等のマスクを寄付して頂きました。

 寄付頂いた枚数は、次の通りです。

 

◆4月27日 村井人形店 様   50枚(手作り)

◆5月1日  ㈱平林住設 様  115枚(手作り)

◆5月7日  個人 様      35枚(手作り)

◆5月7日  個人 様     500枚(手作り)

◆5月14日 居酒屋しんざん 様 40枚(手作り)、100枚(不織布)

◆5月14日 個人 様      36枚(不織布等)

 

合計876枚になります!

 

 頂いたマスクはどれも素敵なものばかりです。マスク不足の状況下でこの様な温かい寄付を頂けることは、本当に感謝しなければいけないことだと思います。現在、頂いたマスクは児童センターなど社協の施設で大切に使わせていただいております。

たくさんのご寄付をありがとうございました。

ファイルをダウンロードする

投稿日:2020年5月15日 カテゴリ:地域福祉課

「エコキャップ運動」のご報告です!

 

令和元年度も松本市社協には、多くのペットボトルキャップが集められました。リサイクルには、変わらず松本深志ライオンズクラブの皆さまにご協力いただいております。

 

 4月15日(水)に令和元年度分最後のリサイクルをしていただき、令和元年度分の業者へ持ち込んだ総重量が確定しました。

 

その総重量は、5,040kgです!平成30年度分より900kg多いリサイクルとなりました。

 

重量5,040kgは、キャップ数で、約216万個。金額に換算すると約50,400円で、ポリオ(小児麻痺)のワクチンだと約2,520人分になります。少しでも多くの子供たちの命を守ることができると思うと、活動のやりがいも出てきますね。

 

 松本深志ライオンズクラブの皆さま、ご協力ありがとうございました!

 

 

投稿日:2020年4月21日 カテゴリ:ボランティア情報

プラチナセンター休館中

 

 プラチナセンターは、3月下旬から休館となっています。

 いつも利用いただいている皆さんには家に閉じこもっているのもつらく、早く仲間の皆に会いたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。

 しかしながら新型コロナウイルス感染がさらに拡大傾向にある中では、ますます先が見通せなくなってきました。ここはみんなでもうひと頑張り、うがい・手洗いの励行や3密(密閉・密集・密接)を避け、拡散の防止に努めていきましょう。そしてプラチナセンターが再開の折には皆笑顔で再会できるように楽しみにしたいと思います。

 

 ところで、明るい話題も一つ。

 総合社会福祉センター西側には桜並木があり、例年「プラチナセンター利用者の会」の皆さんにより花びら清掃をしていただいているのですが、今年は3月末には開花宣言がされましたが未だに頑張って咲きほこっています。もう少しすると散り始め葉桜となるのでしょうが、昨冬枝打ちして切り詰めたので例年ほどの花吹雪とはならないようです。写真でだけでも現在の様子ご覧ください。

投稿日:2020年4月17日 カテゴリ:プラチナセンター

有償生活支援事業「つむぎちゃんサポート」新年度がスタートしました

 

本年度、有償生活支援事業「つむぎちゃんサポート」は、地域福祉課から生活福祉課に所管替えとなりました。場所は今まで通り総合社会福祉センター5階です。

 

有償生活支援事業「つむぎちゃんサポート」は、地域の皆さんによる支え合いの活動です。支え合いの輪が広がる様に、職員一同、気持ちも新たに取り組んでいきたいと思います。

 

また、コロナウイルス感染症予防のため開催を延期しております、協力会員の登録時説明会も今後開催を予定していますので、日程が決まり次第お知らせいたします。

 

本年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2020年4月16日 カテゴリ:有償ホームヘルプ事業

✿周りを明るくしてくれるシクラメンの花✿

 昨年に引き続き、安曇野市の日本装置開発株式会社様よりシクラメンの鉢をご寄贈いただきました。各施設の玄関や受付に置かせていただいております✿

 明るい話題の少ないこの頃ですが、このシクラメンを観たご利用者様、施設職員の心を明るく和ませてくれています♪

 

 日本装置開発株式会社様、ありがとうございました!!

投稿日:2020年4月10日 カテゴリ:地域福祉課

春を見つけました

 

こんにちは、南部地域包括支援センターです。

 

桜のつぼみを見つけました。

 

やっぱり、桜は良いですね!心がほっこりしました。 

 

新型コロナウイルスの影響で、様々な行事や会議、勉強会の延期や中止、縮小がされ、休みの日でも不要な外出を控えています。冬のまま時が止まったように感じることもありますが、やはり確実に春に向かっていると感じました。

 

 

 

<マスク、手作りしてみました>

 

このところマスクが手に入らない日々が続いています。最近注目されている布のマスク、洗って繰り返し使えますし、咳エチケットとしては十分に役立ちます。

 

休みの日、久しぶりにミシンを出して、マスクを手作りしてみました。ミシンがない職員は、手縫い!縫い目を気にしながらチクチクと縫っていると、集中して無心になれます。

 

良い気分転換になりました♪

 

色々なタイプのマスクが出来ました。素材が綿なので、着け心地の優しく、使い捨てマスクを使うと摩擦で肌荒れしてしまう人にも好評でした‼


投稿日:2020年3月30日 カテゴリ:生活福祉事業

福祉入浴の当面の間利用休止と第141回市民囲碁大会の中止等について

  この度の松本保健福祉事務所管内における新型コロナウイルス感染者の発生確認を受け、当プラチナセンターにおきましても当面の間、次の諸事業等を自粛することといたしました。ご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

自粛する諸事業等

投稿日:2020年2月27日 カテゴリ:プラチナセンター

松本市プラチナ大学 第40期生募集のご案内    (その2)

 令和2年度(第40期生)の受講申込みを、3月1日の消印分から受け付けます。

 

 申込みは、「往復はがき」による方法のみとなりますが、別添の案内をご覧いただき、必要事項を記入の上、プラチナセンターあてお送りください。

第40期 学生募集のご案内

投稿日:2020年2月27日 カテゴリ:プラチナセンター

理想の意思決定支援を目指して

こんにちは南西部地域包括支援センターです。

 立春も過ぎ、日を増すごとに朝の日の出が早くなっているのを感じます。 

  

 春といえばもうすぐ卒業式シーズンですね。

みなさんの好きな卒業式ソングは何ですか?

「仰げば尊し」「蛍の光」「卒業写真」など色々ありますよね。

ちなみに私は「旅立ちの日に」という歌です。中学校の卒業式の時にみんなで合唱しました。

 

 さて思い出話はこの位にして、

2/8()、今シーズン最大の寒波が訪れる中、令和元年度の松本市地域包括ケア多職種連携研修会が松本大学にて行われました。

演題は「人生の最終段階における透析療法について考える」ということでした。

まず松本市立病院の内科・腎透析センター長である、赤穂先生より日本や市立病院での透析療法の現状や世界での尊厳死に関する取り組みに関する講義があり、その後、実例を基に作成した事例を通じて、もし自分が担当している患者さんや利用者さんに「透析をやめたい」と言われたらどうするかを様々な職種で意見交換しました。

 

「患者さんや利用者さんの意思に多職種がどのように関わったら良いか」「透析をやめたいという言葉の奥にある感情は何か」等々、考えるきっかけを学ぶことができました。

今後の利用者さんとの関わりに活かしていきたいと思います。

投稿日:2020年2月13日 カテゴリ:生活福祉事業

南部地域包括支援センター引っ越し完了

南部地域包括支援センターは、総合社会福祉センターの4階へと引っ越しを完了しました。

工事に伴う事務所の移動でご不便をおかけいたしました。

予定より早く、1月27日()から4階での業務をスタートしております。

電話番号、FAX番号は変わりません。

 

【南部地域包括支援センター】

TEL27-5138 FAX27-5139

投稿日:2020年2月13日 カテゴリ:生活福祉事業