ブログ名

やまなみ学級だより8月号

『やまなみ学級』は、就労や外出する機会の少ない在宅障がい者の仲間が集うひろばです。仲間との交流を深めることで「ほっ」とできる居場所づくりをめざしています。学びや創作活動を通して、喜びや発見をお便りでお知らせします。

ファイルをダウンロードする

投稿日:2020年8月12日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

今こそ仲間と楽しく♫

新型コロナ対策で「やまなみ学級」は、野外学習自粛中です。

それならと、感染防止に注意して仲間と楽しみながら「お部屋で

季節を感じちゃおう~」と壁面製作をはじめました。

「霧氷」は、寒い冬の夜を表現しました。月は、盆栽に使う石

木は、本物の木の枝にペタペタ絵の具を塗りました。

雪は綿です。雪の結晶がきらきら光る様子を石やボンドで作り

ました。

 

仲間が得意なところを出し合って、作品を作りあげていく。

そんな微笑ましい今の学級風景を続けていきたいです。

次の野外学習まで、新型コロナなんかに負けられな~~い。

 

 

   《霧氷》      《桜》     《椿》

投稿日:2020年5月12日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

〖わ〗

やまなみ学級では、風の令和の、和気藹々(あいあい)

、みんなの和のがちょっとブーム!?そんな雰囲気が漂っています。今月の壁面は、京都(けん)仁寺(にんじ)の国宝『風神・雷神』を表現しました。絵の得意な学級生が模写してくれたものをやまなみ風にみんなで布を切り貼りしながら何とか完成させました。チームワークのは、大切です。

他の作品は、北斎の浮世絵『波裏』や、『くす玉』を折り紙で作りました。

111516日にアイシティーで開催される日本福祉大学事務局の“アート&クラフト展”にも出展が決まりました。お近くにお越しの際は、お立ち寄りいただけたらとても嬉しいです。

投稿日:2019年10月16日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

やまなみ学級の春

平成最後の。やまなみ学級の部屋の壁には今、エリックカールの『はらぺこあおむし』の世界が描かれています。みんなで色や柄に頭をひねりながら、布や折り紙で表現してみました。お腹をすかせた“あおむし”さんが、たくさん食べて綺麗な“ちょうちょ”になるお話です。学級生もみんな素敵な輝くちょうちょになぁ~れ!!

 

お時間ありましたら、ちょっと覗いてみてください。

投稿日:2019年3月20日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

やまなみ赤富士

 心障害者福祉センター(1階)は、総合社会福祉センターが4月~9月まで大規模設備改修のため、4階大会議室をお借りして過ごしています。工事中の半年間、利用者の皆様にはご不便をおかけしておりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

そんな中、やまなみ学級では、草間彌生さんの作品をモチーフにした壁面を製作しました。縁起がいいとされている赤富士です。皆様に幸運がおとずれますように。

※バラ園・松本てまり(松本市のマンホールより)の壁面にも挑戦してみました。

投稿日:2018年8月14日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

やまなみ学級の季節を感じる壁面制作の紹介

「やまなみ学級」(重度在宅障害のための学級)の様々な活動の中に、月ごとに季節を感じる壁面製作があります。

 四季を通じてお部屋を明るくしています。学級生は、年齢も一人一人が持っている障がいも異なります。

 お互いのできること、できないことが、はっきり違うことから、しぜんと相手を尊重し、助け合う思いやりの心が育くまれています。そんな心優しい素敵なメンバーが制作した壁面を紹介します。

投稿日:2018年1月24日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

バラの花が咲きました!

身障センターのやまなみ学級のみんなで色紙を使って作ったバラ園。

学級生が作るひとつひとつの花びらを見ると、貼り方や色の使い方が個性豊かです。

作る前はどうなるのかと思いましたが、大きな画用紙に貼ってみるとしっくりとよくまとまりました。

まるで、やまなみ学級生のようだと感心しながら、そのきれいなバラを壁面に飾り、みんなの目を楽しませてくれます。

投稿日:2017年6月28日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

心身障害者福祉センター前期講座が開講しました!

 心身障害者福祉センター前期講座が開講しました!(陶芸・木彫り・絵画)

身障手帳をお持ちの方も、そうでないボランティアさんも一緒に楽しめる教室です。

やさしい先生方なので、途中からの入会も大歓迎です。

他に、うた・エアロビ・聴覚障害者と手話で語り合うレンゲつつじの会があります。

  申し込み、問い合わせは ☎25-3133 総合社会福祉センターまで

投稿日:2017年6月16日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

やまなみ学級一日早い豆まきをしました!

心身障害者福祉センター「やまなみ学級」では2月2日(木)に一日早い豆まきをしました。

総合社会福祉センターの管理事務室の職員に鬼役になっていただき学級生全員で豆まきをして邪気を払い無病息災を祈りました。

また、福祉センターの中にある「ぴあねっと・まつもと」や学級を行なっている訓練室でも豆まきをしました。

豆まきをさせていただいた職員さんに学級生全員で「豆まきの豆を食べてお仕事頑張ってください」との言葉に「ありがとうございます、頑張ります。」とお礼を言っていただき嬉しそうな表情をうかべていました。

投稿日:2017年2月3日 カテゴリ:心身障害者福祉センター

後期講座が始まりました。

 身障センターでは前期の講座が終わり、後期の講座が始まりました。

 うたの教室では、声楽家の狭間 壮先生とムジカコンパスの方々が指導をしてくださいます。

 

 在宅障害者が通うやまなみ学級ではクリスマス会に向け壁面制作を、そして聴覚と視覚に障害をもっている受講生は機織りを頑張っています。

 

 寒い毎日ですが、身障センターに来る受講生の方は元気で頑張っています。

投稿日:2016年12月6日 カテゴリ:心身障害者福祉センター