ブログ名

「桂さんのフルート演奏会」

10月23日にデイサービスで、フルート奏者の桂聰子さんによるフルート演奏会が開かれました。
 フルートの演奏はもちろんですが、もうひとつ大きな楽しみとなっているのが、御衣裳です。「今日は何色だろうね~。」と話し合っている声があちこちから聞こえてきます。桂さんが登場すると、大きな拍手とともに歓声があがりました。今回は鮮やかな黄色のドレスで、秋をイメージして選んだと話してくださいました。
 おなじみの曲から始まり、「紅葉」「里の秋」「小さい秋」などの季節の曲、そして今回は「月」をテーマに「うさぎ」「秋の月」「荒城の月」、フランスの曲から「月の光」など全13曲を演奏してくださいました。
 利用者さんはご存知の曲を一緒に歌ったり、初めて聴く曲は体をゆすり、音色が消えるまで聴き入っていました。優雅なひとときでしたね。

桂さん、ありがとうございました。次回の演奏会も楽しみにしています。

投稿日:2017年11月29日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「四賀ボランティア感謝祭」

四賀の山々は紅葉も終わり冬の訪れがすぐそこまで来ています。そんな晩秋の11月12日(日)に四賀地区内の福祉施設や行事などでボランティア活動にご尽力されている113名を招き四賀ピナスホールで感謝祭を盛大に行いました。
 四賀には全部で21のボランティアグループがあります。そのボランティアの活動報告や、歌謡ショーやピンクレディーに扮した二人組がUFOなどお馴染みの曲で会場を盛り上げて頂きました。
 昼食は四賀デイサービスセンターのぷくぷく農園で収穫した大根や白菜を沢山使ったおでん、豚汁など7品を皆様に食べていただきました。
 四賀地区は住民の方が中心となったボランティア活動で助け、助けられています。これからもどうぞよろしくお願いします!! (山本)

投稿日:2017年11月24日 カテゴリ:四賀地区センター

「サックス演奏会」

 

 1029日にMABバンドのお二人が来所されました。普段は名前のとおりバンドを編成しているのですが、今回はサックスを担当しているお二人がサックスの演奏をしてくださいました。

 利用者さんの中には初めてサックスをご覧になった方もおり、テナーサックスとアルトサックスを使い分けて演奏することなど丁寧に教えてくださいました。

 利用者様がご存知の曲をいくつも演奏してくださり、歌を口ずさんだり手拍子をしたりと、思い思いに楽しんでいらっしゃいました。

 ソロ演奏では、石原裕次郎の「夜霧よ今夜も有難う」、内山田洋とクールファイブの「長崎は今日も雨だった」を披露してくださり、日頃なかなか聴くことのできないサックスの演奏を、利用者様も職員も哀愁に満ちた音色に惹きつけられました。

 

MABバンドのお二方、ありがとうございました。また来て下さいね。

投稿日:2017年11月21日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「会田中学校文化祭見学」

 9月29日に四賀の会田中学校で文化祭が開催され、利用者4名が見学に行きました。  ぷくぷくの郷利用者さんの作品や、生徒、四賀地区内の老人福祉施設の方の作品も展示されており、書道や絵画など一味違った作品の数々を楽しまれていました。

自分の作品が展示されている利用者さんは、「私の作品が飾られている!」と、にこにこ嬉しそうでした。 手の器用な男性利用者さんは細かな折り紙の作品を興味深そうに見入っていました。デイの制作活動にも取り入れていけたら……と考えています。(浅野)

投稿日:2017年10月20日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「四賀デイぷくぷく秋祭り」

読書の秋?運動の秋?いいえ、祭りの秋!!
10月2日(月)から8日(日)まで四賀デイでは「ぷくぷく秋祭り」を初めて企画し、盛大に行いました。祭りの屋台を意識して、綿あめやソフトクリーム、射的、水ヨーヨー、お菓子バイキングを作り利用者様にそれぞれ行きたい所を自由に周っていただきました。
 中でも食べるコーナーは大盛況で、童心にかえったかのように「何十年ぶりに綿あめなんか食べたわや~」「おいしいおいしい」と喜ぶ姿があちこちで見られました。射的は一人2度投げてピンが全部倒れたら手作りペンダントを貰えるとなると真剣な表情で狙いを定めていました。中には全部倒すまで何度も挑戦する方もいて本当に皆さん笑顔で楽しまれていました!!
 週の後半の3日間は地域のレクリエーションボランティアの方々を招き踊りやコーラスを楽しませていただいた後、祭りにも参加していただき交流も行いました。  (山本)

投稿日:2017年10月19日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「第38回松本市総合防災訓練」

9月3日(日)に松本市総合防災訓練を四賀地区全体で行いました。その中でも今回の訓練では初めて「要援護者優先避難所開設訓練」を四賀デイサービスセンターで実施しました。
 当日は利用者様、地域住民、職員20名を避難者と仮定して総務班・避難者管理班・情報広報班・物資施設管理班・衛生班・食事炊出し班・救護要援護者班の7つの班にわかれて震度6強の地震を想定した訓練を行いました。
 自然災害はいつ起こるかわかりません。今回経験したことが活きるよう日頃から意識することが大切だと感じます。

投稿日:2017年9月16日 カテゴリ:四賀地区センター

「五平餅作り!!五平ってどういう意味!?」

8月22~24日に午後のおやつの時間にホットプレートを使った五平餅作りを行いました。もち米は入れずにうるち米を柔らかく炊き、ご利用者様にはのし棒で半潰しにしていただくところからやっていただきました。
 郷土食だけあって皆さん慣れた手つきでご飯を潰して、小判形に成型し特注で仕入れたクルミ味噌をぬって美味しくいただきました!
 五平餅の五平とは、神道において神に捧げる「御幣」の形をしていることからこの名がついているそうです。※諸説あり

投稿日:2017年9月16日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「ぷくぷく農園記 4」

8月30日(水)に春から丹精込めて育てたかぼちゃとじゃが芋の収穫作業と、畑の草刈り作業を地元ボランティアさんの協力のもと行いました。
 今年の夏は日照不足でどうなるか心配しましたが、かぼちゃが30個じゃが芋がコンテナ10箱分収穫できました。
 秋には長ネギ、大根、白菜を収穫ができるようにこうご期待下さい!

投稿日:2017年9月16日 カテゴリ:ぷくぷく農園・農場

「機能訓練に力を入れています!!」

四賀デイサービスセンターでは専属の機能訓練指導員と看護師による利用者様の日常生活を送るのに支障となっていること、困っていることに対して個別に計画を立て機能訓練に力を入れて取り組んでいます。  今年度は様々な利用者様のニーズに応え、新たに5メートルの平行棒とオムニローターと言う肩の可動域と上肢帯筋力強化を行う機械を導入しました  平行棒訓練は杖歩行、歩行器で歩行する事が困難な方が歩行姿勢を意識することができます。

投稿日:2017年9月16日 カテゴリ:デイサービス”ぷくぷくの里”

「ぷくぷく農園記 その3」

ぷくぷく農園の野菜も大きく成長し、7/17にじゃが芋・いんげん豆・南瓜の収穫をしました。
 収穫の時は本当に嬉しい気持ちになります!!翌日から利用者様には昼食に和え物や煮物に調理して提供しました。もちろん皆さんそれを知っている為か美味しく完食されている方がほとんどでした。

投稿日:2017年8月1日 カテゴリ:ぷくぷく農園・農場