ブログ名

西部基幹センター ~ウェスタンにゅーす~ 第8号発行します!

 この度、1月1日号が完成し、西部4地区(安曇・奈川・梓川・波田)の皆さまに全戸配布となります。

今号には、平成27年4月からの西部基幹センター事業報告、西部4地区社協の活動状況や今後の予定を掲載しました。

 

 1面と4面はカラー刷となっています。

 

 お手元に届きましたら、ぜひ目を通していただきたいです!

投稿日:2015年12月22日 カテゴリ:西部地区センター

平成27年度 健康と福祉のつどいを開催します!

 11月29日(日)、松本市波田文化センター アクトホールで

『福祉と健康のつどい』を開催します。

 

日 時 11月29日(日) 開場13:30 開演13:50~

 

内 容 第1部 健康講座(14:00~)

            テーマ:「【息(いき)る】を考える」

            講 師:寺平美樹さん (健康運動指導士)

     第2部 講演会(15:00~)

            テーマ:「患者さんと医療者が寄り添い合うために」

                  ~日常生活にも役立つ、コンフリクト・マネジメント~

            講 師:高木洋行さん (松本市立病院長)

 

会 場 波田文化センターアクトホール

      (住所:松本市波田10106-1   電話:92-7501)

       ※駐車場に限りがありますので、公共機関のご利用、乗り合いで

         お越しくださるようご協力をお願いいたします。

 

問い合わせ 西部基幹センター地域課 (電話:91-2030)

 

参加費無料。事前申し込み不要です。

ぜひ、ご参加ください!

投稿日:2015年11月26日 カテゴリ:西部地区センター

奈川社会就労センター みはらし農園情報③!

 みはらし農園のとうもろこしを収穫しました!!

今年のとうもろこしは、ゴールドラッシュという品種を栽培しました。

デンプンが少なく、ショ糖という糖分が多く含まれているため、とても甘いです。

 

 今回は約160本を1本1本手作業で収穫しました。

無農薬で栽培しているため、虫が食べてしまっているものもありましたが

虫が食べてしまうくらい、おいしいとうもろこしができました。

 

 このとうもろこしは、《ながわ山彩館》で販売しています。

期間限定品ですので、奈川にお出かけの際はぜひお買い求めください。

 

 

 そして、奈川在来そばですが、最近の天候の悪化によりそばが倒れてしまいました。

天候が回復し、そばがたくさん収穫できることを願いたいと思います。

投稿日:2015年9月3日 カテゴリ:西部地区センター

奈川社会就労センター みはらし農園 情報②!


 先日、植えたとうもろこし畑に侵入者が現れました!

ハクビシンではないかと思われますが、今月中に収穫予定のとうもろこしの一部が食べられてしまいました!!

 

 対策として、とうもろこし畑の周りを網で囲い、上空にはテープを張りました。

 

 みはらし農園の作物の敵は多いですが、負けずに成長してほしいです!

投稿日:2015年8月11日 カテゴリ:西部地区センター

奈川社会就労センター みはらし農園 情報!!

先日、種蒔きをした『みはらし農園』のそば畑に芽が出ました!

種蒔きから1週間ですが、約5cmに成長しています。

                   

そして、別の畑では機械を利用してそばの種を蒔きました。

こちらも元気に育ってほしいです!

投稿日:2015年8月3日 カテゴリ:西部地区センター

奈川就労センター 蕎麦の種蒔き

奈川社会就労センターの農園、『みはらし農園』で蕎麦の種蒔きをしました。専用の機械を使い、広い畑に隙間なく種を蒔きました。

これは、奈川在来蕎麦の種蒔きの特徴だそうです!

 

今年は、奈川デイサービスセンターの利用者もお手伝いしてくださいました。

広い畑も協力して作業することで、無事終了することができました。

 

また、みはらし農園では蕎麦だけではなく、とうもろこしも栽培しています。

広大な奈川の自然に囲まれ、どちらも美味しく育ってほしいです。

今から収穫時期が楽しみです!!

投稿日:2015年7月28日 カテゴリ:西部地区センター

H27年度西部地区合同防災訓練 実施しました

620()に松本市奈川文化センター夢の森で、西部地区(奈川・安曇・梓川・波田)合同防災訓練を実施しました。

 訓練は3部構成で、1部では『災害ボランティアセンター設置・運営訓練』を行いました。災害ボランティアセンターについての説明を受けた後、運営スタッフ側とボランティア側に分かれ、災害時のボランティア活動に参加するまでの流れを体験しました。

 また、ダンボール箱にビニール袋を被せて作った箱に、ロケットストーブで沸かしたお湯を注いだ簡易の足湯や、お茶を飲んだり、体操をしたりするサロンの体験もしていただき、被災者側となった場合の心や体のケアの場が必要であることも学びました。

 2部では、日赤奉仕団の方による『炊き出し訓練』を実施し、約150名分のハイゼックス包装食(災害時に最小限の材料で炊き出しができる袋で作ったご飯)と豚汁を防災訓練後に試食しました。

 3部では、奈川地区の参加者を対象に日本赤十字社長野県支部の方を講師に迎え『AED講習及び実技』を行いました。実際に操作して、救命を必要とされる方への対応手順を学びました。

 今回の訓練には、4地区から約150名の方々に参加していただきました。

訓練を通して体験したことが、いざという時の備えとなり、各地域間での協力体制の強化や防災についての関心の向上につながればと思います。

投稿日:2015年6月25日 カテゴリ:西部地区センター

西部基幹センター ~ウェスタンにゅーす~ 第7号 発行します!

  西部基幹センターでは6月と12月の年2回、広報誌を発行しています。

この度、61日号が完成し、西部4地区(安曇・奈川・梓川・波田)の皆様に全戸配布となります。

 今号には、平成27年度西部基幹センター事業のお知らせと、西部4地区の活動状況などを掲載しました。ぜひ、目を通していただき、これから予定されている西部地区の行事にご参加ください。

投稿日:2015年5月29日 カテゴリ:西部地区センター

ぎょどう、きょうどう?

 

 以前、お伝えしたこともありますが、奈川の隠れ名所 『魚道』行ってきました。

 魚道とは、ダムなどによって川の流れを分断してしまうような段差の高低差が大きい場所に設置される『お魚さんのための道路』です。

 

 ガラスでつくられた観察窓では、産卵の時期に遡上するサクラマスなどを間近で見ることができます。

 

また、魚道のある金原砂防堰堤周辺は大自然に囲まれています。水しぶきがあがっているので、マイナスイオンをたっぷりと浴びることができますよ。

 

奈川は、市街地よりも涼しく桜の開花もこれからなので、天気の良い日にぜひ、お友だちを「ぎょどう、きょうどう?」と誘って、お出かけしてみてください。

 

 

魚道:松本市奈川 金原砂防堰堤

   ※魚道周辺の釣りは禁止されています。

投稿日:2015年4月28日 カテゴリ:西部地区センター

地域福祉コーディネーター会議を開催しました

 西部基幹センターでは、12月9日に西部4地区(奈川・安曇・梓川・波田)の地域福祉

 

コーディネーターが一同に会し、日ごろの活動状況及び情報交換を行ないました。

 

 西部4地区の皆さんは、委嘱を受けて1年目から2年目ですがとても意欲的で、特に地

 

域福祉課長による他の13地区の活動内容における報告等では、今後の活動の参考にと

 

積極的に質問や意見を交わしていました。

 

 これからも今回の様な会議を定期的に開催することで、より良い地域づくりへとつながれ

 

ばと考えています。

投稿日:2014年12月16日 カテゴリ:西部地区センター