ブログ名

梅雨の花といえば・・・

奈川介護予防教室では、、梅雨に咲く美しい花✿

「紫陽花」の壁飾りを作成しました。

 

紫陽花のきれいな彩りを表現しようと

様々な色の紙や絵の具を使いました。

黒い紙で作った人姿や猫は、

皆様切り抜きに苦労していましたが、

飾り終わった後、その出来栄えをとても喜ばれていましたO(^▽^)O

 

心和荘に彩り鮮やかな、紫陽花の花が咲きました。

投稿日:2018年6月26日 カテゴリ:奈川地区

「春のミニ遠足」ににっこり(^^♪

奈川介護予防教室では、5月31日(木)に山形村、朝日村方面へ

「春のミニ遠足」に行ってきました!!

 

当日は、にわか雨が降る天気でしたが、

清水寺を散策するころには、雨も止み、境内に咲く花々や

剪定された木々をゆっくりと鑑賞してきました。

 

道の駅今井「恵みの里」では、昼食とお買い物♪

新鮮な野菜や彩り鮮やかな花など様々な特産品に

皆様、目をキラキラさせていらっしゃいました。

 

久しぶりの外出に大満足の皆様でした。

投稿日:2018年6月25日 カテゴリ:奈川地区

地域で育てる子供たち

 

 奈川地区の高齢者クラブの事業として、530日に小中学校のわらび採り事業に一緒に参加しました。

 奈川地区には、わらびがたくさんあることを子供達に知ってもらい、奈川への愛着心が生まれることを期待するものです。

 採ったわらびは、1050gの束に仕分けし、出荷します。収益金は、図書館の本や児童会・生徒会の活動資金として、児童生徒の活動に充てているとのことです。そういったことから、この事業は地域全体で子供を育てるということにも繋がっていると思います。

 当日は、小中学校全校生徒約30名学校の先生方、高齢者クラブ12名が参加し、わらび採りを行いました。わらび採りは、2時間半くらい行い、今年は豊作で沢山のわらびを採ることができました。

 午後は、全校生徒で仕分け作業を行い、1050gの束が370束でき、小中学校の目標が200束だったので、目標を大いに上回り、拍手喝采でした。

 生徒会長のあいさつでは、自分たちが頑張ったこともあるが、地域の方が手伝ってくれたおかげですと感謝の言葉も聞かれました。


投稿日:2018年6月8日 カテゴリ:奈川地区

✿お花見会✿

奈川デイサービスセンター心和荘では、5月10日(木)、11日(金)の2日間、毎年恒例のお花見会を開催しました!

お隣安曇地区の稲核から「稲寿会」の皆さんをお招きし、着物姿での素敵な踊りでお花見会に華を添えていただきました。

そして!稲寿会の皆さんと一緒に、職員も「小桜音頭」を踊りました♪

ちなみに、みんなのお気に入りの踊りは「大阪すずめ」です!

とってもかわいい踊りなんです♡(*^_^*)♡ チュンチュン♪

お茶の時間には、「白玉抹茶あんみつ」をおいしくいただき、にぎやかで楽しい時間を過ごしました!

投稿日:2018年6月6日 カテゴリ:奈川地区

小さい鯉のぼり!!

写真は、奈川デイサービスセンター心和荘のご利用者様が作ってくれた鯉のぼりの壁飾りです。

よ~く見てください♪

なんと!!

鯉のウロコは小さい鯉たちなんです。

波のようにうねりのある、いきのいい鯉のぼりになりました。

玄関の大きな鯉のぼりと手作りの小さな鯉のぼり。

どちらも見る人の気持ちを楽しませてくれます。

投稿日:2018年5月29日 カテゴリ:奈川地区

大きい鯉のぼり!

久しぶりに押入れから出された奈川デイサービスセンター心和荘の鯉のぼり!

何年かぶりに飾られ、心和荘の玄関で生き生きと泳いで、利用者様たちをお出迎えしてくれています。

投稿日:2018年5月28日 カテゴリ:奈川地区

子どもたちと一緒にお勉強!!「認知症サポーター養成講座」

 

奈川予防教室では、春休みの子ども達と一緒に認知症について勉強会、交流会をしました。

  はじめに手遊びなどのアイスブレイクをして打ち解けたあと、勉強会に移りました。

  認知症サポーター養成講座では特別に何かをするのではなく、困っている人がいたら声をかけてみるなどの普段からおこなっていることを引き続きやっていくことが 大切ということを教えていただきました。

  勉強会終了後はすっかり仲良しになり、子どもたちと広告紙を使ったゴミ入れを一緒に作りました。作り方を覚えた子ども達は何度も折り返したり、何個も作ってみたりしていました。

  春休みの子どもたちと楽しいひと時を過ごすことができました♪

投稿日:2018年3月28日 カテゴリ:奈川地区

「みんな違ってみんないい」

  奈川介護予防教室の着物リメイク第2弾!!

前回とは違って丈の短い暖簾を作成しました。

みんな違う縫い方で、中には、なかなか針の通りづらい生地があり縫うのに苦労されていました。

様々な色形の暖簾により施設内が明るく活気づきました。

投稿日:2018年3月19日 カテゴリ:奈川地区

「奈川かるた」から学ぶ

 奈川地区介護予防教室では、3月13日(火)に松本大学の学生、先生と交流会をしました。

 始めのうちは双方とも緊張気味でしたが、お茶を飲んだりしているうちに段々と打ち解けてきたようです。

  ここで一役かったのは、奈川村時代に作成した奈川のことについて書かれた「奈川かるた」です。奈川住民の暮らしについて話を聞きに来た学生さんにとってもちょうどいい内容のかるただったのではないでしょうか。

 読み札に書かれている「へいじくって何?」「えごまって何?」「かちきかりって何?」などと質問され、「奈川弁」で丁寧に(笑)答えていました。

 かるたをしたり、臼引き節を歌ったりと始終和やかな雰囲気に包まれました。

 ちなみに「へいじく」は根曲り竹

      「えごま」は奈川の特産品

      「かちきかり」は「そば畑に入れる堆肥用の木の枝を刈ること」という意味です。

投稿日:2018年3月16日 カテゴリ:奈川地区

奈川デイサービスセンターに福来たる!!

奈川デイサービスセンターでは、日頃の機能訓練の一環として貼り絵や塗り絵をがんばっています。

今回は縁起物の達磨と椿の貼り絵を使った壁飾りを作りました。

日の出を背負った個性豊かな達磨たちは微笑ましく、椿の壁掛けには癒され、利用者の皆様の心を和ませています。

 今後もこの達磨たちに負けない笑顔がデイサービスセンターにあふれることでしょう。

投稿日:2018年3月1日 カテゴリ:奈川地区