トップ松本市社会福祉協議会の概要施設紹介総合社会福祉センター > 総合社会福祉センターご利用案内

総合社会福祉センター

総合社会福祉センターご利用案内

 障害をおもちのかたをはじめ、お年寄りから子どもまですべての住民の福祉を推進する場であるとともに地域福祉・ボランティア活動の拠点です。
 さらに住民のみなさんが教養・文化活動等に幅広く楽しく利用されることにより福祉社会を創造し、ふれあいの場となることをめざしています。

松本市総合社会福祉センター

松本市総合社会福祉センター

松本市希望の家

松本市希望の家

松本市南ふれあいホーム

松本市南ふれあいホーム


概要

施設名 松本市総合社会福祉センター
住所 〒390-0833 長野県松本市双葉4-16
TEL TEL0263-25-3133(代表)
開設 昭和58年10月
設置主体 松本市
運営主体 社会福祉法人松本市社会福祉協議会
構造 鉄筋コンクリート造 5階建
建設面積 1,386.527m2
延床面積 4,466.948m2
敷地面積 9,215.63m2
事業費 1,148,852千円

各階・隣接館のご案内

総合社会福祉センター
5階

総務課
社会福祉協議会 総務課
社会福祉協議会 地域福祉課
ボランテイアセンター
福祉団体室

4階

会議室(大会議室240名、中会議室72名、小会議室14名)
南松本訪問看護ステーション
居宅介護支援事業所ふたば
南西部地域包括支援センター

3階

南部老人福祉センター南部老人福祉センター

2階

南部児童センター社会福祉協議会 在宅福祉課
南部児童センター
母子・父子コーナー

1階

遊戯場管理事務室(社会福祉協議会 施設福祉課)
しいのみ学園
心身障害者福祉センター
相談室
おもちゃ図書館
松本圏域障害者相談支援センター「ぴあねっと・まつもと」
障害者スポーツ支援センター松本「サンスポートまつもと」 

別棟
1階

食堂 障害者等共同作業訓練施設「希望の家」

なんぷくプラザ
1階

作業場 精神障害者授産施設「南ふれあいホーム」

貸会議室 ご利用案内

利用受付

利用日の2カ月前から受付

精算

事前に精算が必要

会議室

区分
/会場
午前9:00

12:30
午後13:00

17:00
夜間17:30

22:00
午前・午後 9:00

17:00
午後・夜間13:00

22:00
全日9:00

22:00
冷暖房料(1回あたり) 最大定員
大会議室47・48 8,940円11,210円 13,260円19,140円 23,240円30,060円 3,700円240人
中会議室41・42 2,670円 3,290円 4,010 5,660円 6,930円 8,970円 1,130円 72人
小会議室46 720円 820円 1,020円 1,460円 1,740円 2,300円 300円 14人

※冷房期間 概ね7月~8月   暖房期間 概ね11月~3月
※使用者の都合により使用しなかった場合は、原則として使用料は返還しません。
 (キャンセルの場合、20日前までは全額、10日前までは90%還付、10日以内は還付しません)
※入場料等を徴収する場合は、300円以上1,000円未満は使用料の3割増、1,000円以内は
  使用料の6割増となります。

設備器具使用料

設備器具 単位 1回当たり 2回継続 全日 付記
スタンドピアノ(大会議室) 1台 2,160円 4,100円 5,830円
固定マイク(大会議室) 1式 3,180円 6,040円 8,580円 マイク2本付
マイクロフォン(追加分) 1本 1,020円 1,930円 2,750円
DVDプレイヤー 1台 1,020円 1,930円 2,750円
ビデオデッキ・テレビ 1式 2,160円 4,100円 5,830円
プロジェクター 1台 3,180円 6,040円 8,580円 スクリーン付
コンセント 1カ所 510円 960円 1,370円


■総合社会福祉センター使用料減免の範囲及び減免率

減 免 の 範 囲
減免率
①松本市又は松本市社会福祉協議会が主催又は共催する事業に使用するとき 100%
②国、地方公共団体又は公共的団体が条例第1条の目的に沿った事業に使用
するとき
100%
③松本市が社会福祉団体として認める団体で次のものが使用するとき
 ア 松本市社会福祉協議会に事務局を有する団体
 イ その他の社会福祉団体及びボランティアグループで松本市及び松本市
   社会福祉協議会が事業委託し、又は補助金を交付し活動を育成している
   もの
100%
④松本市社会福祉協議会に登録し、同協議会が育成している社会福祉活動
 を行うボランティアグループが使用するとき
70%※
⑤その他市長が特に必要と認めたとき 50%※


※冷暖房料は除く
平成28年5月現在