トップ松本市社会福祉協議会の取り組み暮らしの応援 > 地域福祉権利擁護 (日常生活自立支援事業)

暮らしの応援

地域福祉権利擁護 (日常生活自立支援事業)

認知症、精神障害、知的障害などにより判断能力や金銭の扱いに不安のある方が、地域で安心して暮らしていけるように、福祉サービス利用援助、金銭管理、書類等預かりのサービスを通して援助します。

内容

福祉サービス利用援助

保険・医療・福祉サービスについての制度・内容に関する情報提供や専門家の紹介、助言、サービス申込手続きの代行・同行・契約締結、福祉サービス実施状況の確認、安否のための見守りを行います。

金銭管理サービス

ご本人に代わって、日常生活に必要な預貯金の出し入れ、公共料金・家賃の支払い、福祉サービス等の利用料の支払い等の支援を行います。

書類等預かりサービス

ご本人の意志に基づいた契約により、預金通帳、権利証書、保険証書、実印、銀行印等の書類などを安全に保管します。(宝石、書画、骨董品、貴金属類はお預かりできません)

対象となる方

認知症の高齢者、知的障害者、精神障害者等で判断能力に不安があり、日常生活での福祉サービスのご利用や、金銭管理等がうまくできない方

契約にあたっては、次の点が重要になります。
  • ・ご本人の契約意思が確認できること
  • ・契約行為をご理解いただけること

利用料金

・利用に関する相談や支援計画の作成に係る費用は無料です。

・契約後、生活支援員がお手伝いする場合、1時間当たり1,000円と、交通費1キロメートル当たり20円の利用料と交通費がかかります。
・生活保護を受けられている世帯の方は無料です。

・詳細については、松本市社会福祉協議会 地域福祉課(25-7311)まで、お問合せください。