トップ松本市社会福祉協議会の概要松本市社協概要 > 松本市社会福祉協議会 一般事業主行動計画

松本市社協概要

松本市社会福祉協議会 一般事業主行動計画

本会職員が仕事と子育てを両立させ、生きいきと働くことができる環境を整備することによって、すべての職員がその能力を発揮できるようにするとともに、地域との連携や社会貢献を推進するため、次のように行動計画を策定する。



1.計画期間  平成30年4月1日 〜 平成32年3月31日までの2年間

2.内容

目標1: 育児に伴う休暇を取得しやすい環境づくりを推進する。

 <対策>
  ●平成30年4月〜
  ・育児休業、子の看護休暇等の制度について全職員に周知し、休暇の取得を促進する。
  ・休暇制度の利用に関する相談窓口を設置する。

目標2: 所定外労働時間の短縮と、年次有給休暇の取得を促進する。

 <対策>
  ●平成30年4月〜
  ・子育中の職員が家族との時間を持てるよう、全職員の所定外労働時間の縮減を図る。
  ・所属長が職員の勤務状況を把握し、必要に応じて業務分担の調整等を行う。
  

目標3: インターンシップ(学生の就業体験)やボランティアの受入れを推進する。

 <対策>
  ●平成30年4月〜
  ・本会が運営する社会福祉施設の中で、対応可能な施設についてホームページで、
   紹介し、インターンシップ(学生の就業体験)やボランティアの受入れを積極的に行う。