トップ松本市社会福祉協議会の概要障がい福祉等施設 > 奈川社会就労センター(障がい者/一般利用者併用)

障がい福祉等施設

奈川社会就労センター(障がい者/一般利用者併用)

奈川社会就労センター

概要

 奈川社会就労センターは松本市奈川にある公の施設です。当施設では身体もしくは精神上の理由又は世帯の事情等から就業能力の限られている方々に、より良き就労環境の中、自立助長を図ることを目的としております。
 運営を行うにあたり、以下の5条を運営の理念として掲げております。

 ①利用者の安全を第一とし、公平な運営を行います。
 ②作業受託の新規開拓など、仕事量の確保に努めます。
 ③利用者の置かれた状況を常に把握し、管理運営に反映させます。
 ④個人情報の保護を徹底します。
 ⑤利用者からの苦情を解決する体制をとり、サービス向上に努めます。

運営上の対応体制

 ①急病等への対応
   ・利用者の急病、怪我等に対応できるよう、各種薬品を備えます。
   ・緊急時には迅速かつ的確に対応できる体制を整えます。
 ②災害時の対応
   ・災害に対しては、必要な資機材等の準備、対応マニュアルを整備します。
   ・避難誘導計画に基づき、利用者の安全を第一とした避難誘導に努めます。
 ③モニタリングの実施
   ・モニタリングに関する要領に基づいたセルフモニタリングを行います。
   ・利用者アンケートを実施し、結果を松本市に報告することでサービスの
    向上に努めます。
 ④保険への加入
   ・施設の業務中の事故に備え、賠償補償保険に加入します。

利用者支援内容

1.【各種相談】

 障害者、一般利用者に関係なく、生活、身上、健康等の相談に応じ、適切な援助、指導を行います。

2.【作業訓練及び生活指導】

 ①民間企業などからの受託作業
  ○奈川社会就労センター
   ・電子部品の組立及び検査
   ・ケーブル部品加工作業
   ・公園。キャンプ場等の除草作業 等
  ○奈川社会就労センター寄合渡分場
   ・フリーズドライ食品の選別作業
   ・土産品の包装作業
   ・公園、キャンプ場等の除草作業

 ②レクリエーション・行事などを通じての利用者同士の交流
   ・野外散策などによるリフレッシュ
   ・余暇活動・バーベキューパーティー・忘年会・新年会 等

 ③地域行事などへの参加
   ・野麦峠まつり・ふれあいまつり等への参加

自主事業計画

1.【みはらし農園の運営】

 ①そば栽培
  ・中山間地を活用してそば栽培を行っています。
  ・そば打ち講習会、各種交流会等地域福祉事業をはじめ、地元の直売所などで販売することにより地域に根ざした施設づくりを促進します。
 ②スイートコーン等の栽培
  ・高冷地の特性を生かしてスイートコーン、えごま等を栽培しています。
  ・社会福祉協議会で行う各種イベントや地域の直売所などで販売するなど、社会参加の増進を図ります。

miharashi01.jpg miharashi02.jpg
miharashi03.jpg miharashi04.jpg

住所・連絡先

〒390-1611 松本市 奈川2401-1
電話79-2350 FAX79-2368