トップ新着情報 > 暑い日を生き抜く知恵を身につけましょう(職員衛生委員会ニュース(平成27年6月発行))

新着情報

暑い日を生き抜く知恵を身につけましょう(職員衛生委員会ニュース(平成27年6月発行))

 今月もためになる情報を提供します。職員衛生委員会ニュースです。



 6月になり、暑い日が続いています。この先1週間は25度前後と比較的過ごしやすく なりますが、熱中症と食中毒には気を付けないといけません。



 浅学にして、私は今月の職員衛生委員会ニュースにある暑熱順化という言葉を知りませんでしたが、暑さに強い体づくりというものがあるのですね。
 汗をかくことが重要で、その量を増やすことで体を暑さから守るということです。1週間~2週間で効果が出るとのことで、今日から始めれば暑さが本格化する7月に間に合いますので、ぜひやってみましょう。



 さて、次に熱中症と同じくこの時期に気をつけなくてはいけない、食中毒についてです。
 菌を繁殖させるようなことをしないということが、大事です。菌を増やさないといっても、具体的にどのようなことをすればいいのか分からないこともあるでしょう。
 意外と知られていない予防法もありますので、今月の職員衛生委員会ニュースにある5項目を頭に入れて、料理をしてみましょう。



職員衛生委員会ニュースはこちらから