ブログ名

春爛漫、新年度を迎えました(館だより2018年4月分アップ)

 心地よい陽気が続く4月初め、松本市社協が運営する児童センターとつどいの広場は新年度を迎えました。

  今冬は厳しい寒さが続く、がまんのシーズンでしたが、一気に暖かくなり、桜の花もびっくりしてあわてて咲き出しました。

 日本全国、開花が例年より早く、東京では早くも散りだしています。

 松本市では開花と同時に満開になり、お花見の準備もままならないうちに散りそうな勢いです。

 

 今月は各所で新一年生を歓迎する会が開かれ、新一年生の不安を減らすようにお兄さんお姉さんががんばってくれます。6年も年が違う子と一緒に遊ぶなど、これまでにはなかったことでしょう。不安がいっぱい、でもワクワクもいっぱいかな?

 

 新一年生だけでなく、みんなも、これから始まる新生活を楽しんでください。

 

  4月の館だよりが出そろいました。各児童センターのページには、こちらから入れますので、ご一読ください。

投稿日:2018年4月6日 カテゴリ:つどいの広場,児童館

✿おおきくなったね✿(寿つどいの広場3月)

 チュウリップの芽が少しずつ顔を出して、「春になるよ!」と私たちに声を掛けてくれているようです。

 

  「こんにちは!」とドアを開けて遊びに来てくれるたくさんのお友達・・・

 初めて遊びに来てくれたときより、背が大きくなったり、おはなしが上手になったり、表情が柔らかくなって少し大人っぽく見えたり・・・こちらが「わぁ!!すごいね!!」と嬉しく思う姿を見せてくれます。

 

 遊ぶ姿も行動範囲が広がって、お母さんがそばにいれば、おもちゃの所に遊びに行けたり、「やだ!」「だめ!」と意志を出せるようになったり「かして!」「いいよ!」のやりとりができるようになったり・・・

 

 毎日のいろいろな出会いの中で、経験が積み重なる成長を一つひとつ大事に関わることができ、とてもしあわせでした。

 3月の「大きくなったね会」でも、おはなし会を楽しめたり、「3びきのやぎのがらがらどん」になりきって遊ぶ姿に、「感謝」の気持ちでいっぱいになりました。

 

 子どもとの関わりの中での「うれしいこと」も「かなしいこと」も時間を重ねたときに親子の中で優しい思い出になりますように・・・

 

 みなさんありがとうございました。

 

 4月からも元気に開館しますのでお気軽に遊びにきてくださいね!!

投稿日:2018年4月6日 カテゴリ:つどいの広場