トップ松本市社会福祉協議会の取り組み地域福祉の推進 > 地域福祉活動推進助成事業補助金交付要綱

地域福祉の推進

地域福祉活動推進助成事業補助金交付要綱

平成30年度
地域福祉活動推進助成事業補助金交付要綱

社会福祉法人松本市社会福祉協議会

1 趣 旨

この要綱は、地域福祉を推進するために、地区社会福祉協議会(以下「地区社協」という。)が行う地域福祉事業に要する経費に対して、予算の範囲内で助成することについて、必要な事項を定めることとする。

2 助成の条件

 地区社協が主催する事業に対して補助する。また、他団体と共催する場合も地区社協がこの要綱に基づく費用負担をし地区社会福祉協議会の事業として周知すること。
(1)別表1〜4の事業については、補助限度額の範囲内で総事業費の1/2とし、
   補助金額と同額以上の自主財源を確保すること。
(2)別表5、6の事業については、補助限度額の範囲内で総事業費の10/10
   の補助とする。

3 申請書の様式及び提出期限

(1)別表1〜4の事業については、様式第1号によるものとする。
(2)別表5の事業については、様式第4号によるものとする。
(3)別表6の事業については、様式第6号によるものとする。
(4)前項の申請書の提出期限は別に定めるものとする。

4 変更申請書の様式

 一度申請した事業を変更しようとするとき、または、事業の一部若しくは全部を中止しようとするときは、地域福祉活動推進助成事業変更申請書(様式第3号)により速やかに報告し承認を得るものとする。

5 実績報告書の様式及び提出期限

(1)別表1〜4の事業についての報告は、様式第2号によるものとする。
(2)別表5の事業についての報告は、様式第5号によるものとする。
(3)別表6の事業についての報告は、様式第7号によるものとする。
(4)前項の実績報告書の提出期限は、事業完了後30日を経過した日、
  または助成決定があった日の属する年度の2月1日のいずれか早い日とする。

6 その他

この事業は単年度補助とする。

(別 表)

地域福祉活動推進助成事業及び限度額

【総事業費の1/2補助】
事業名 事業内容 補助限度額
1.地区別地域福祉活動計画推進事業 1.計画検討会議、役員研修、連絡会議
※地区別地域福祉活動計画の検討会議、役員・各種団体等を対象とした研修、連絡会議等
10,000円以内
2.福祉調査活動 1.住民福祉意識調査
※地域の福祉課題を把握等
10,000円以内
3.広報啓発事業 1.地区社協だより
※地区の福祉活動を啓発するために、○○地区社協だよりを発行
※原則として年3回以上発行、全戸配布
40,000円以内
ただし、地区社協単独で発行できない場合 20,000円以内
2.福祉懇談会
※住民を対象に福祉を考える懇談、つどい等
10,000円以内
3.福祉講座
※福祉講座、健康教室、介護予防教室等
10,000円以内
4.ふれあいまつり
※地区福祉まつり、ふれあいの集い等
30,000円以内
4.地域実践事業 1.見守り安心ネットワーク
※地域ぐるみの見守り・声かけ・助け合い活動、災害時要援護者の見守り支援、支え合いマップづくり、子ども見守り活動等
20,000円以内
2.地域ボランティア活動
※地区ボランティア部会活動、買い物支援・ゴミ出し・雪かき等地域で活動するボランティアの育成
30,000円以内
3.介護者支援事業
※介護者のつどい、介護講習等
10,000円以内
4.子育て支援事業
※子育てサロン、子育て講座等
10,000円以内
平成30年度予算額 4,500,000円




【対象事業の10割補助】
事業名 事業内容 補助限度額
5.ふれあい・いきいきサロン事業 町会単位で気軽に集まって、お茶などを飲みながら話すことにより、心配事や孤独感を解消し、生きがいを高めることを目的に行う事業。 1回2,000円(1町会20,000円を限度)で助成
平成30年度予算額 3,000,000円




【対象事業の10割補助】
6.地域福祉コーディネーター設置事業  地区別地域福祉活動計画の推進及び地区社協活動を活性化するために、企画立案、連絡調整等を行うコーディネーターの設置経費

《要件》
 地域福祉コーディネーター研修会(年2回予定)や情報交換会への参加が必須
150,000円以内
平成30年度予算額 2,700,000円




※ 地域福祉活動推進助成事業の申請様式については、松本市社会福祉協議会ホームページに掲載しますので活用ください。

(平成30年8月現在)

お問い合わせ

〒390−0833
松本市社会福祉協議会 地域福祉課(松本市双葉4−16)
           電話:27−3381    FAX:27−2239